ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

瓜生岩子年表

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月25日掲載
瓜生岩子年表
西暦年号年齢主なできごと
1829年文政12年-2月15日岩子誕生 父利左衛門、母りえ
1837年天保 8年9歳父急死、火災で家が焼ける。母と弟の3人で、熱塩の母の実家山形屋に身を寄せる
1842年天保13年14歳叔父、若松御番医師山内春瓏のもとに見習いに行く
1845年弘化 2年17歳佐瀬茂助と結婚、呉服商「松葉屋」を営む
1849年嘉永 1年20歳長女つね生まれる。翌々年、祐三生まれ、更にとよ子、とめと4人の子どもをもうける
1855年安政 2年27歳叔父、山内春瓏死去
1862年文久 2年34歳夫死亡(40歳)、子ども4人をそれぞれ託す
1863年文久 3年35歳母死亡
1864年元治 1年36歳店を閉じ小田付(喜多方)に転居する
1868年慶応 4年40歳戊辰戦争の際、若松に駆けつけ戦傷者の手当てをする
1869年明治 2年41歳旧藩士の子弟のため「小田付幼学校」を建てる
1871年明治 4年43歳幼学校を閉じ、東京・深川の救養会所に学ぶ
1872年明治 5年44歳小田付に救養会所会津支部の設立に奔走する
自宅で裁縫・機織りを教え、生活困窮者の相談相手となる
1879年明治12年51歳下岩崎の長福寺を借り裁縫教授所をひらく
1882年明治15年54歳三島通庸(みちつね)と知り合う
1887年明治20年59歳県知事平田折内の勧めで福島長楽寺門前に転居各郡に教育会の設立をうながし、堕胎・棄児の防止を説く
1888年明治21年60歳水飴製造の改良、飴粕の利用法を県下に伝授しあるく
1889年明治22年61歳福島救育所の設立が認可される
1891年明治24年63歳国会に「婦人慈善記章の制」を請願する
東京養育院幼童世話係長となる
若松に育児会できる
喜多方に産婆研究所を設立する
1892年明治25年64歳福島に「瓜生会」を結成する
喜多方・坂下に育児会できる
1893年明治26年65歳福島鳳鳴会に育児部を設置する(愛育園の前身)
若松に私立済生病院を設置する
1894年明治27年66歳東京下谷に「福島瓜生会支部水飴伝習所」を設立する
日清戦争の傷病兵救護として水飴30貫を寄贈する
1895年明治28年67歳包帯の裁ち屑で記念織をつくり皇后陛下の上覧に供する
1896年明治29年68歳藍綬褒章を受ける
三陸津波被災者のためのバザーや募金を行なう
1897年明治30年69歳福島で過労のため病臥し、4月19日生涯を終える
熱塩の示現寺に葬られる
1924年大正13年従五位追増される

このページの先頭へ