ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

学校給食食材の放射性物質測定について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月4日掲載

 喜多方市では、東京電力福島第一原子力発電所の事故による放射線対応として、「放射能簡易検査機器」を導入し、各学校における給食食材の検査を実施しています。給食に対する安心安全を確保してまいりたいと考えております。

1 検査方法

 喜多方学校給食共同調理場、熱塩加納会館、塩川保健福祉センター、山都開発センター、
 高郷総合支所に各1台ずつ配置し、各共同調理場、センター並びに自校給食校の食材を前日に検査。

2 検査機器

 名  称:TN300Bベクレルモニター 
 検出器:NaI(TI)シンチレータ

放射能簡易検査器の写真

3 検出測定値

 20ベクレル/キログラム

 

過去の測定結果