ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 暮らしのできごと > 高齢・介護 > 介護保険事業所における事故等報告について
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 年金・保険・税金 > 介護保険 > 介護保険事業所における事故等報告について

介護保険事業所における事故等報告について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月30日掲載

介護サービス提供により事故等が発生した場合、速やかに市高齢福祉課まで報告してください。

報告すべき事故の範囲

次の(1)から(6)の場合、報告をしてください。

(1)介護サービスの提供による利用者のけがや死亡事故等(けが等)が発生した場合

 ・けが等とは、死亡事故のほか、外傷、骨折、誤嚥、誤与薬等のうち医療機関において治療(施設内における医療処置を含む。)または入院したものをいう。ただし、擦過傷や打撲など比較的軽易なものは除く。

 ・介護サービス提供には、送迎および通院等を含む。

(2)感染症、食中毒および結核が発症した場合

 ・感染症については、「感染症の予防および感染症の患者に対する医療に関する法律」に定められている「疾病分類表」に掲載されているものおよびノロウィルスや疥癬症、食中毒等を対象とする。

 ・新型インフルエンザ感染症

 ・法律等に届出義務が定められているものについては、これに従うこと。

(3)介護サービス提供により、利用者の住居、家財、所持品等に損害を及ぼし、損害賠償責任が発生または発生するおそれある場合

(4)職員(従業員)の法令違反、不祥事等が発生した場合

(5)介護サービス提供中に利用者が行方不明になった場合(警察署等に届出したもの)

(6)その他、報告が必要と認められる事故が発生した場合(火災の発生、天災による被害等)

 

報告の手順

 (1)事故発生後、速やかに市高齢福祉課介護保険・予防室(0241-24-5231)に電話で報告をしてください。(第一報)

 (2)「介護保険事業者事故等報告書」を提出してください。

 (3)事故対応が終了した時には「介護保険事業所における事故等に係る改善結果報告書」により報告してください。

 ※報告先は、被保険者の属する保険者(市町村)と、事業所・施設が所在する市町村の両方になります。

 ※事故発生から短日時(おおむね2週間程度)で終了した場合は、(2)(3)を兼用して報告できます。

 

報告様式

 

介護保険事業者における事故発生時の報告の取り扱いは、こちらでご確認ください。 [Wordファイル/36KB]

 

Word Viewer

Wordファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Word など、Word 形式のファイルを開くことができるソフトウェアが必要です。


このページの先頭へ