ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

重度心身障害者医療費助成制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月6日掲載

制度の概要

喜多方市では、重度心身障がい者の福祉の増進を図るため、医療費の助成を行っています。
この制度は、重度の心身障がい者が医療機関を病気やケガで受診した際に、保険診療の自己負担分を助成する制度です。

対象者

  1. 身体障害者手帳 1級・2級・3級の一部(※)
    ※3級の一部…心臓、腎臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓または免疫の機能障がい
  2. 療育手帳 A
  3. 精神障害者保健福祉手帳 1級
  4. 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を同時に2つ以上所持

支給の制限

次のような場合は対象となりません。

  1. 生活保護を受給されている方
  2. 受給者本人または配偶者・扶養義務者の前年の所得が規定の限度額を超える場合
  3. 子ども医療費助成制度(0歳から18歳に達する日以降の最初の3月31日まで)の受給者
  4. 入院時の食事代、予防接種など保険診療以外の負担金額

※精神障害者保健福祉手帳により本制度の認定を受けている方で、精神疾病により入院の場合は助成を受けることはできません。

申請に必要なもの

 〇身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳
 〇印鑑
 〇健康保険証または共済組合員証
 〇振り込みを希望する金融機関の通帳

 ※加入している健康保険が健保組合・共済組合の方は、登録申請書の証明欄に事業所で附加給付の証明を受けていただきます。

助成の開始時期

登録手続きにより認定となった場合、翌月の1日から医療費の助成が受けられます。
※月の初日に登録手続きをし、認定となった場合は、当月の1日から助成になります。

助成の手続きについて

 医療費助成申請書の太線の枠内を記入し、領収書を添付してください。
 申請書は月ごと、医療機関ごとに1枚必要となります。なお、入院・外来・歯科・調剤等に分けて提出してください。
 領収書を紛失したときや、金額だけの領収書(レシート)のときは、医療機関等に依頼して、保険診療証明書欄に証明を受けてください。
 申請書は保健福祉部社会福祉課障がい福祉係または各総合支所住民課市民サ-ビス班へ提出してください。(郵送による申請も受け付けています。)
なお、医療費助成の際に必要な助成申請書のダウンロードはこちらから行っていただけますが、印刷時にはピンク色系統の用紙で印刷してください。
重度心身障害者医療費助成申請書 [Wordファイル/19KB]

変更の手続きについて

受給者の氏名や住所、加入している保険、振込口座が変更となった場合、受給者証の内容変更届が必要となります。
変更届書に必要事項を記入のうえ、保健福祉部社会福祉課障がい福祉係または各総合支所住民課市民サービス班へ提出してください。(郵送による変更申請も受け付けています。)
なお、変更申請の際に必要な変更届書のダウンロードはこちらから行っていただけます。
重度心身障害者医療費受給者証内容変更届書 [Wordファイル/23KB]

再交付の手続きについて

現在お持ちの受給者証を紛失または破損した場合は、再交付の手続きが必要となります。
再交付申請書に必要事項を記入のうえ、保健福祉部社会福祉課障がい福祉係または各総合支所住民課市民サービス班へ提出してください。(郵送による変更申請も受け付けています。)
なお、再交付申請の際に必要な申請書のダウンロードはこちらから行っていただけます。
重度心身障害者医療費受給者証再交付申請書 [Wordファイル/18KB]

返還の手続きについて

現在お持ちの給付資格を喪失した場合、受給者証返還届書を提出してください。
返還の手続きが必要な場合は次のとおりです。
1. 受給者が死亡した場合
2. 重度心身障害者に該当しなくなった場合
3. 所得制限に該当する場合
4. 喜多方市に住所を有しなくなった場合(※居住地特例あり)
返還届書のダウンロードはこちらから行っていただけます。
重度心身障害者医療費受給者証返還届 [Wordファイル/19KB]
※居住地特例とは、喜多方市以外の市区町村にある障害者支援施設等に入所した場合に喜多方市が引き続き費用を負担する特例措置です。

Word Viewer

Wordファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Word など、Word 形式のファイルを開くことができるソフトウェアが必要です。