ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災・安全 > 防災 > 要配慮者利用施設における避難確保計画の作成について

要配慮者利用施設における避難確保計画の作成について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月15日掲載

近年、全国各地で豪雨による災害が多発している状況を踏まえ、平成29年6月に水防法及び土砂災害防止法が改正され、浸水想定区域内及び土砂災害警戒区域内の要配慮者利用施設については、避難確保計画の作成・避難訓練の実施が義務化されました。

要配慮者利用施設とは

社会福祉施設、学校、医療施設その他の主として防災上の配慮を要する方々が利用する施設です。

対象となる施設

本市において、洪水浸水想定区域内に立地している要配慮者利用施設になります。
※なお、土砂災害警戒区域内には要配慮者利用施設はありません。

浸水区域内の要配慮者利用施設一覧 [PDFファイル/83KB]

避難確保計画の作成にあたっての資料・様式

共通

施設の所有者・管理者の皆様へ [PDFファイル/430KB]

既存の計画への追記による避難確保計画の作成 [その他のファイル/140KB]

洪水

避難確保計画作成の手引き(医療施設以外) [PDFファイル/534KB]

避難確保計画作成の手引き(医療施設等) [PDFファイル/572KB]

避難確保計画作成の手引き別冊(作成支援編・様式編) [PDFファイル/2MB]

避難確保計画作成例 [Wordファイル/498KB]

計画作成のひな形 [Excelファイル/271KB]
 

土砂災害

避難確保計画作成の手引き(土砂災害編) [PDFファイル/2.26MB]

避難確保計画作成例(土砂災害編) [Wordファイル/738KB]

提出について

市役所生活防災課まで提出をお願いします。
※計画に変更があり内容を修正した場合は、改めて提出ください。

リンク

ハザードマップ

喜多方市で作成しているハザードマップが確認できます。

喜多方市ハザードマップ

国土交通省

国土交通省のホームページに各種資料が掲載されておりますので、こちらもご確認ください。

要配慮者利用施設の浸水対策<外部リンク>

土砂災害防止法が改正されました~要配慮者利用施設における円滑かつ迅速な避難のために~(平成29年6月19日)<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Word Viewer

Wordファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Word など、Word 形式のファイルを開くことができるソフトウェアが必要です。

Word Viewer

Excelファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Excel など、Excel 形式のファイルを開くことができるソフトウェアが必要です。


このページの先頭へ