ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

喜多方市では、行政運営の透明性の向上と市民の市政への参加機会の拡充を図り、市民が主人公の公明公正で開かれた市政を実現するため、パブリック・コメント制度を導入することといたしました。

パブリック・コメント制度は、市民生活に広く影響を及ぼす市政の基本的な計画や条例などを立案する過程において、素案の段階で市民の皆様に公表し、その素案に対するご意見を募集し、寄せられたご意見などを考慮しながら最終案を決定するというものです。あわせて、寄せられたご意見などに対する市の考え方を公表いたします。


パブリック・コメントで市政へ参加(特設サイト)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月1日更新

パブリック・コメント制度とは

市民生活に広く影響を及ぼす市政の基本的な計画、条例等を立案する過程において、案の段階で市民の皆様に公表して意見や要望などを募集し、寄せられた意見や要望などを考慮しながら最終案を決定するとともに、寄せられた意見や要望などに対する市の考え方もあわせて公表していく一連の手続きをいいます。

制度の目的

この制度を導入することにより、市の政策形成過程における市民参加の統一的なルールを確立し、行政運営の透明性の向上を図るとともに、市民の市政への参加機会の拡充を図り、「公平公正で開かれた市政」を実現していきます。

制度の対象事項

市民生活または事業活動に重大な影響を及ぼすと考えられる政策の策定、改定や条例の制定、改廃のうち、次に該当する案件について実施します。

  1. 市の基本的な施策に関する計画、指針の策定およびこれらの重要な改定に係る案
  2. 市政に関する基本方針を定めることを内容とする条例
  3. 市民等に義務を課し、または権利を制限することを内容とする条例(ただし、市税の賦課徴収並びに分担金、使用料および手数料の徴収に関する事項を除く。)
  4. 前各号に掲げるもののほか、必要と認めるもの

※緊急を要するもの、軽微なもの、審議会や協議会等の付属機関においてパブリック・コメント制度に準じた方法が取られた場合は、対象から除外することがあります。

案の公表方法

市は、政策等を立案しようとするときは、最終的な意思決定を行う前に、資料を添付して政策等の案を公表します。公表の方法は、市のホームページへの掲載並びに市政情報コーナーおよび所管課での閲覧・配付とします。また、市の広報紙への掲載、報道機関への発表などにより、市民の皆様等に周知するよう努めます。

意見の提出

案の公表時に、意見の提出期間、提出方法などを明示します。意見の提出期間は、原則30日以上の期間を確保することとしますが、15日以上の期間とする場合もあります。提出方法は、所管課などへの持参、郵便、ファクシミリ、電子メールなど意見が文書または電子的記録として残るものに限ります。

提出された意見の取扱い

市は、提出された意見を考慮の上、最終的な意思決定を行うこととし、意思決定を行ったときは、提出された意見およびそれに対する市の考え方を公表します。また、提出された意見を考慮して政策案等を修正したときは、その修正の内容および理由を公表します。

制度の詳しい内容