ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

児童手当

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月4日掲載

 家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな育ちに資することを目的として、児童を養育している方に支給されます。

支給対象となる児童


0歳から15歳に達する日以後最初の3月31日までの児童

手当月額

  • 3歳未満 15,000円
  • 3歳以上小学校修了前(第1子・第2子) 10,000円
  • 3歳以上小学校修了前(第3子以降) 15,000円
  • 中学生 10,000円
  • 所得制限以上の方 一律5,000円

※第3子の数え方は、18歳に達する日以後最初の3月31日までの間にある児童のうち、年長者から第1子、第2子と数えます。

支給要件など

  • 児童の国内居住要件  留学中の場合を除き、児童に対して国内居住要件があります
  • 児童福祉施設等への支給  児童福祉施設等に入所または里親に委託されている場合は、入所している施設の設置者または里親等が受給者となります
  • 未成年後見人や父母指定者に対して父母と同様の要件で手当を支給
    未成年後見人や父母指定者(父母等が国外に居住している場合に、父母等が指定した方)についても支給されます
  • 児童と同居している方を優先  父母が離婚協議中により別居している場合は、児童と同居している方が受給者となります

所得制限

扶養親族等の数 0人  所得額 622万円
扶養親族等の数 1人  所得額 660万円
扶養親族等の数 2人  所得額 698万円
扶養親族等の数 3人  所得額 736万円 

請求の方法と必要書類

出生日または前市町村の転出予定日から15日以内に(請求が遅れると受給できない期間が生じる場合があります)、「認定請求書」または「額改定請求書」を提出してください。(出生届や転入届では自動的に認定となりません) ※請求者は児童の父母等で主たる生計者となります。

  • 健康保険証のコピー(請求者本人のもの。児童のものではありません。)※市の国民健康保険加入の場合は不要です。
  • 振込口座の通帳のコピー(支店名・口座番号・名義人フリガナがわかるページ)※必ず請求者名義となります。
  • 印鑑(シャチハタ以外)  
  • 本年1月1日(1~5月分の手当の請求については、前年1月1日)時点で他市町村に住所があった方は
     所得課税証明書(1~5月分の手当を請求する場合は、前々年分のもの。6~12月分の手当を請求する場合は、前年分のもの。)

そのほか、以下の書類が必要になる場合があります。

  • 請求者と児童の住所が別になっている場合は「別居監護申立書」。なお、児童の住所が喜多方市外の場合は、「児童の属する世帯全員の住民票」を添付
  • 請求者の状況により必要となる書類
    受付窓口は、こども課または各総合支所住民課です。
    ※公務員の方は勤務先での手続きとなります。

支給日

  • 2月分から5月分 6月15日
  • 6月分から9月分 10月15日
  • 10月分から翌年1月分 2月15日
    ※15日が土日祝日の場合はその直前の平日となります。