ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

代理人による印鑑登録の手続き

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月4日掲載

事情により、印鑑登録をしたい本人が来庁できない場合、本人に代わって代理人が印鑑登録の手続きをすることができます。
※申請を受けた後、文書の郵送(照会書兼回答書)で本人確認を行いますので、即日交付はできません。申請と登録で、印鑑登録をしたい本人ではなく、代理人の方に2回ご来庁していただく必要があります。

受付窓口

本庁市民課 または 各総合支所住民課

受付時間

「窓口のご案内」をご参照ください。

登録手数料

250円

窓口1回目:代理人の方が申請したとき

必要なもの1

  • 登録したい方の印鑑
  • 代理人の方の印鑑

窓口2回目:登録したい方のご自宅に照会書兼回答書が届き、本人が記入後、窓口に代理人の方が来庁されるとき

必要なもの2

  • 印鑑登録照会書兼回答書(登録するご本人が記入)
  • 登録したい方の印鑑
  • 代理人の印鑑
  • 登録したい方の官公署が発行している証明書(原本が必要になります)
    (運転免許証・パスポート・障害者手帳などの顔写真つきの証明書 または、健康保険証・年金証書・年金手帳・介護保険者証・後期高齢医療保険証など)
  • 代理人の方の本人確認書類※「戸籍届・住民異動届などの本人確認について」を参照

代理人申請の場合のお手続きの流れ

  1. (窓口1回目)代理人の方:登録したい方の印鑑とご自分の印鑑を持参し、窓口で申請書を記入
  2. 市役所:一時受付とし、照会書兼回答書を登録したい方のご自宅へ送付(郵送期間が数日かかります)
  3. 登録する方:ご自宅に照会書兼回答書が届いたら、必要事項を記入する。
  4. (窓口2回目)代理人:登録したい方の照会書兼回答書と身分証明書、登録する印鑑、ご自分の身分証明書と印鑑を持参し、もう一度窓口を訪れる。
  5. 窓口にて、登録したい方と代理人の方の本人確認等を行ったのちに印鑑登録の手続きを行い、印鑑登録証の交付を受ける。