ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

戸籍届・住民異動届などの本人確認

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月4日掲載

最近、本人になりすまし虚偽の届出を行なう事件が全国的に多発しています。
これによって、様々な被害が発生していることから、全国的な対策として、各市町村窓口において届出人の本人確認の実施が義務づけられました。
喜多方市においても、平成15年9月1日から戸籍届と住民異動届の一部について、平成20年5月1日からは各種証明書の申請時にも本人確認を実施しています。
お手数をおかけいたしますが、昨今の社会事情をご理解いただき、ご協力をお願いいたします。
窓口での戸籍関連の本人確認について:法務省 http://www.moj.go.jp/MINJI/minji150.html<外部リンク>

本人確認書類について

対象となる届など

  • 各種証明申請(住民票の交付、戸籍謄(抄)本などの証明書発行)
  • 戸籍届(婚姻、離婚、養子縁組、養子離縁など)
  • 住民異動届(転入・転出・転居届、国民健康保険の加入・脱退の手続きなど)

本人確認書類

窓口に来られた方について、下記の証明の提示が必要です。有効期限内のものに限ります。

(A)1点で確認できるもの

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書(平成24年4月1日以降交付)
  • 写真付運転免許自主返納カード
  • 旅券
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 写真付き住民基本台帳カード
  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳
  • 船員手帳
  • 海技免状
  • 小型船舶操縦免許証
  • 猟銃・空気銃所持許可証
  • 戦傷病者手帳
  • 宅地建物取引主任者証
  • 電気工事士免状
  • 無線従事者免許証
  • 認定電気工事従事者認定証
  • 特種電気工事資格者認定証
  • 耐空検査員の証
  • 航空従事者技能証明書
  • 運航管理者技能検定合格証明書
  • 動力車操縦者運転免許証
  • 教習資格認定証
  • 警備業法第23条第4項に規定する合格証明書
  • 公務員の写真つき身分証明書
  • 個人番号カード

 (B)2点で確認できるもの

下記のうち2点を提示してください。
なお、下記1の証明書のうち、必ず1点は必要です。もう1点については、下記2のものでも構いません。

 1.

  • 住民基本台帳カード(写真なし)
  • 国民健康保険、後期高齢者医療、健康保険または介護保険の被保険者証
  • 共済組合員証
  • 年金手帳
  • 国民年金、厚生年金保険または船員保険に係る年金証書
  • 共済年金または恩給の証書
  • 請求書押印の印鑑に係る印鑑登録証明書

 2. (1の証明書以外のもう1点)

  • 学生証
  • 法人(国若しくは地方公共団体を除く)が発行した身分証
  • 国または地方公共団体の機関が発行した顔写真付き資格証明書
  • 預金通帳

窓口で身分証明書等を提示できない場合

各種証明書申請

 証明書を交付できない場合がありますので、必ず身分証明書をお持ちください。

戸籍届

 お届けの受理後に、「届書を受理した」旨の通知を、ご本人様にお送りします。
 (この通知は、本人確認できなかったすべての方にお送りします。)
 ※「届書を受理した」旨の通知は、氏名が変更になった方については旧姓で、住所が変更となった方には旧住所にお送りしますので、ご了承ください。
 ※本人の意思に反して一方的に届出されることを防ぐ「不受理申出制度」もあります。

住民異動届

 その他の参考資料の提示をお願いすることがあります。
 また、お届けの受理後に、「届書を受理した」旨の通知をご本人様にお送りする場合があります。