ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 届出・登録・証明 > 証明書(住民票・税証明など) > 住民票等に旧氏(旧姓)が記載できるようになりました

住民票等に旧氏(旧姓)が記載できるようになりました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月5日掲載

令和元年11月5日から住民票等に旧氏(旧姓)が記載できるようになりました

「旧氏」とは、その人の過去の戸籍上の氏のことです。氏はその人に係る戸籍、または除かれた戸籍に記載がされています。
希望する方は、住民票、マイナンバーカード等に旧氏を併記することができます。 

記載できる旧氏

  • 旧氏を初めて併記する場合は過去の氏の中から1つを選んで併記できます。
  • 一度記載した旧氏は、婚姻などにより氏が変更されてもそのまま記載されます。
  • 旧氏は、他市区町村に転入しても引き続き記載できます。
  • 必要がなくなった場合には、 旧氏を削除することができます。
  • 再度旧氏を記載したい場合は、削除後に氏が変更した場合に限り、削除後に称していた旧氏の記載ができます。

手続きの方法

次の必要なものを持参し、市民課窓口にて請求手続きをしてください。(※支所、出張所では受付できません。)

  • 戸籍謄本等(併記を希望する旧氏から現在までのすべてのもの)
    ※原本の提出が必要です。コピー等不可。喜多方市に本籍がある場合も戸籍の添付は省略できません。
  • 印鑑
  • マイナンバーカードまたは通知カード (旧氏を記載します。)  
  • 本人確認書類 (窓口に来た方の本人確認が必要になります。)

「戸籍届・住民異動届などの本人確認について」のページをご参照ください。
 

代理人が手続きする場合は、代理人の本人確認書類と印鑑、および本人の委任状が必要です。

  • 委任状 (下記よりダウンロードできますので、事前にご準備ください。)

委任状 [PDFファイル/223KB]
委任状(記入例) [PDFファイル/445KB]

 注意点

  • 旧氏は、1人に1つだけ併記できます。
  • 旧氏併記の手続きをすると、住民票やマイナンバーカード等に必ず記載され、省略することはできません。
  • 手続きには戸籍(原本)の添付が必要になるため、婚姻届と同時にすることはできません。


    その他、 旧氏併記に関する詳しい情報は、『総務省ホームページ』に掲載しています。     http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/daityo/kyuuji.html<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


このページの先頭へ