ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災・安全 > 防災 > 土のうステーション(緊急用簡易土のう置場)の設置について
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 住まい・交通 > 災害 > 土のうステーション(緊急用簡易土のう置場)の設置について

土のうステーション(緊急用簡易土のう置場)の設置について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月15日掲載

市民のみなさまが、大雨による冠水・浸水被害の発生に備え、自由に土のうを持ち出せるように設置しました。

土のうステーションには、土のうが入っていますので、必要に応じて各自でお持ちください。

土のうステーション  土のう

 

使用について

  • 非常用の土のうですので、必要な数だけお持ちください。
  • 土のうは濡れた状態にすると固まってしまうので、土のう取り出し後は必ずふたを閉めてください。
  • 使用後は、自宅で保管してください。

設置場所

設置場所住   所
 
松山公民館東側福島県喜多方市松山町村松字桜清水1974
母子生活支援施設駐輪場内福島県喜多方市豊川町一井字間々ノ上580番地1

 設置場所地図 [PDFファイル/2.12MB]

土のうがなくなった等、土のうステーションに関する問合せは、生活防災課までお願いします。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)