ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災・安全 > 防災 > 喜多方市では消防団員を募集しています!

喜多方市では消防団員を募集しています!

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年2月19日掲載

消防団とは、非常勤特別職の地方公務員であり、「自分たちのまちは自分たちで守る」という郷土愛護の精神のもと、地域における消防防災コミュニティーの要として、市民の安心・安全を守るために様々な活動しております。

消防団の活動

消防団は、地域に安心・安全を支える地域防災の要です。災害時の出動だけでなく、平常時には、消火訓練や防火防災の啓発活動など多岐に渡って地域に貢献しています。

行事名称内容
<消防団の年間スケジュール>
4月新入団員教育訓練、春季消防検閲新入団員への基礎的な訓練や検閲式を行います。
5月水防訓練洪水などの水害に対する訓練を行います。
6月基礎教育訓練県消防学校へ入校して訓練を行います。
7月初任者教育訓練入団歴の若い団員を対象に消防署と合同で訓練を行います。
8月消防操法大会消防訓練における基本的な動作の技術力を競います。(隔年)
9月市総合防災訓練防災訓練への参加・見学を行います。
10月秋季消防検閲検閲式を行います。
11月秋季全国火災予防運動各地域での火災予防啓発活動を行います。
12月  
1月消防出初式出初式を行います。
2月  
3月春季全国火災予防運動各地域での火災予防啓発活動を行います。

※おおまかな行事を示したものであり、このほかにも訓練や研修を行っております。

入団後の処遇

消防団員は、非常勤特別職の地方公務員であるため、様々な処遇を受けることができます。

報酬年額・出動手当

年2回に分けて、階級に応じた報酬や出動手当が支払われます。

・出動手当 1回あたり1,600円

・報  酬

階級団長副団長分団長副分団長部長班長団員
 

報酬年額

220,000円177,000円109,000円80,000円62,000円41,000円29,000円

退職報償金

5年以上在職して退職した場合に、在職年数や階級に応じて退職報償金が支給されます。

退職報償金の支給額一覧<外部リンク>

活動中における補償制度

消防団活動中に負傷した場合等に対する補償制度があります。

公務災害補償制度<外部リンク>

消防団自動車等損害見舞金 [PDFファイル/4.13MB]

消防団員等福祉共済制度 [PDFファイル/1.27MB]

火災共済(B型火災共済) [PDFファイル/1.38MB]

自動車運転免許取得に係る費用への補助

消防ポンプ自動車を運転するために必要な運転免許書の取得に係る費用ついて補助をしております。

【補助金の対象となる費用】

  • 普通自動車運転免許を有する者が、準中型自動車運転免許を取得する場合に係る費用
  • 準中型自動車運転免許(5t限)を有する者が、その解除をする際に係る費用
  • オートマチック限定を解除する場合に係る費用

補助を受けるには条件がありますので、必ず下記担当課まで御連絡ください

入団資格

次の条件を満たす方は誰でも入団することができます。

 1 市内に住所を有する方

 2 年齢が18歳以上の方

 3 意志が強く、操行が良好で身体強健な方


活動時写真活動時写真

活動時写真活動時写真

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


このページの先頭へ