ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

入札設計図書等への質問・回答

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月28日掲載

 入札公告した案件について、設計図書等への質問および回答について平成28年8月30日より公表します。
 設計図書の閲覧がホームページからできないときは、設計図書等への質問および回答についてもホームページで公表しません。発注課へお問い合わせください。

 なお、質問書を提出するときは、公告に定められた方法、期日、提出先を確認してください。

公告第307号  市道鷲田・山田線橋梁整備(橋梁上部)工事 (入札日 7月25日)

 No.質問月日質問内容

回答月日

回答内容
17月9日

(1)下部工引き渡し時期および上部工現場施工可能時期についてご教示願います。

(2)下部工完成までの主桁製作工について、製作工場の職員を配置したいと考えておりますが当工事の専任技術者として配置は可能でしょうか。又現場施工時に専任技術者の変更は可能でしょうか。

(3)(2)に関連しまして、工場の職員を専任技術者として配置した場合、1級土木施工管理技士および監理技術者資格は必要と考えてよろしいでしょうか((2)が大丈夫の場合です)

(4)現場状況他の状況等によって工期延長が見込まれる場合、協議は可能でしょうか。

7月18日

(1)平成31年5月末を予定しています。

(2)喜多方市工事請負契約約款第10条のとおりです。

(3)喜多方市工事請負契約約款第10条のとおりです。

(4)喜多方市工事請負契約約款第21条から第23条のとおりです。

7月11日

(1)特記仕様書第2章7に記載の関連工事(橋梁下部)工事が完了し、当該工事が現場施工可能となる時期をご教示下さい。

(2)配置技術者の専任は、工場製作(桁製作)期間と現場施工期間を分けて配置する事は可能でしょうか。別々に配置することが可能な場合は、現場施工の配置技術者は現場施工の着手するまで専任義務は必要ないと考えてよろしいでしょうか。

(3)床版部の緊張時および、地覆施工時に張出し足場(桁側部足場)が必要となります。別途協議の上設計変更の対象と考えてよろしいでしょうか。

(4)架設計画図(参考図)記載のトレーラー配置箇所は、上部工施工可能時までに整備されていると考えてよろしいでしょうか。トレーラーの搬入路またクレーンの設置ヤードに敷鉄板等の養生が必要となる場合は別途協議の上設計変更の対象と考えてよろしいでしょうか。

(5)上部工施工時は河川敷内で作業する事は可能でしょうか。

7月18日

(1)平成31年5月末を予定しています。

(2)喜多方市工事請負契約約款第10条のとおりです。

(3)喜多方市工事請負契約約款第24条のとおりです。

(4)喜多方市工事請負契約約款第24条のとおりです。

(5)河川敷内の堤外地では、出水期の期間は作業を行うことが出来ません。

 

7月13日

(1)工場製作期間と現場施工で職員を分けて配置することは可能でしょうか。

(2)下部工の引渡し時期はいつ頃になるのでしょうか。

(3)橋台背面はどのような状態(基面)で引き渡しされるのでしょうか。

(4)踏掛版工が含まれておりませんが、別途発注工事と考えてよろしいでしょうか。また、施工時期はいつ頃を想定されているのでしょうか。

(5)架設計画図[参考図]よりA2側からの架設となっておりますが、現場ヤードまでの搬入路で鉄板等の養生が必要となった場合、設計変更の対象と考えてよろしいでしょうか。

(6)図面および数量設計書より横組工の鉄筋は普通鉄筋とエポキシ樹脂鉄筋になっておりますが、金抜き設計書では普通鉄筋のみで計上されております。設計変更の対象と考えてよろしいでしょうか。

(7)Pc鋼材配置図より主ケーブルのシースはPeシースとなっておりますが、横締めケーブルは明記されておりません。Peシースであると考えてよろしいでしょうか。Peシースの場合、Pc工の歩掛は設計変更の対象になると考えてよろしいでしょうか。

7月19日

(1)喜多方市工事請負契約約款第10条のとおりです。

(2)平成31年5月末を予定しています。

(3)現況地盤まで埋め戻した状態となります。

(4)別途発注工事となります。施工時期は上部工施工に支障のない時期としております。

(5)喜多方市工事請負契約約款第24条のとおりです。

(6)喜多方市工事請負契約約款第24条のとおりです。

(7)ご指摘のとおりPeシースの採用としています。なお、Peシースについてはセグメント桁単価に含むため、Pc工の歩掛で特に変更することは考えておりません。なお、横締め用の桁間のシースは諸雑費での対応としています。