ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

介護保険の被保険者証

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月23日掲載

被保険者証は、65歳になった月の翌月に交付されます。
40歳から64歳の第2号被保険者の方の場合は要介護(要支援)認定を受けた方や交付申請をした方に交付されます。

こんなときは届け出をお願いします

  • 市に転入したとき
  • 他の市町村へ転出するとき
  • 死亡したとき
  • 被保険者証をなくしたり、汚れたりして使えなくなったとき
  • 氏名や世帯に変更があったとき
  • 市内で住所が変わったとき

被保険者証はこんなときに必要です

  • 介護サービスを受けようとするときは、被保険者証を添えて市の担当窓口に申請し、要介護(要支援)認定を受ける必要があります。
  • 認定を受けると、介護度や有効期間が記載されます。有効期間を経過するとサービスが受けられませんので、経過する60日前から期限までの間に市の担当窓口に被保険者証を提出し、認定の更新を受けましょう。
  • 介護サービスを受けるときは、サービス提供事業者または施設に被保険者証を提出します。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Word Viewer

Excelファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Excel など、Excel 形式のファイルを開くことができるソフトウェアが必要です。