ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ふるさと納税について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月8日掲載

ふるさと納税とは

「応援したい」「貢献したい」と思う自治体に対して寄附を行った場合、個人住民税・所得税が一定額まで控除されます。
なお、控除を受けるためには、原則として確定申告が必要となります。

※平成27年分の寄附より確定申告をしなくとも寄付金控除が適用されるワンストップ特例制度が新設されました。 

ふるさと納税ワンストップ特例制度

控除対象者

個人住民税の納付義務のある方

対象となる自治体の範囲

すべての都道府県および市区町村
 (寄付先は自由に選択できます。また、複数の自治体に寄附することも可能です。)

控除対象となる金額

寄付金のうち、2,000円を超える部分
 (原則、全額対象となりますが、所得の状況等に応じて変わります。)

控除適用時期

・所得税    : 寄付を行った年の所得税から所得控除
・個人住民税 : 寄附を行った翌年度の住民税から税額控除

控除手続き

「寄付金受領証明書」をお送りしますので、確定申告の際に添付してください。 

ふるさと納税制度の詳細は、こちらをご覧ください。(総務省HPへ)<外部リンク>

「あなたの想う自治体を応援するふるさと納税」(政府インターネットテレビ)<外部リンク>