ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 年金・保険・税金 > 国民健康保険 > 交通事故などにあったとき(国民健康保険)
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉・衛生 > 高齢者 > 交通事故などにあったとき(国民健康保険)

交通事故などにあったとき(国民健康保険)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月4日掲載

第三者行為

 交通事故など、第三者の過失や故意(※)によって傷病を受け、喜多方市国民健康保険で治療を受ける場合、国民健康保険法施行規則第32条の6の規定により「第三者行為による傷病届」の提出が必要です。速やかに提出しましょう。
 この場合、国民健康保険法第64条第1項の規定に基づき喜多方市国民健康保険が医療費を立て替え、あとで相手方(加害者)に費用を請求(代位取得した損害賠償請求権に基づく求償)することになります。

※自動車、バイクや自転車などの交通事故(同乗中の交通事故も含む)、スキーやスノーボードなどの衝突事故、他人のペットに咬まれたとき、暴力行為を受けたとき、飲食店で食べたものが原因で食中毒にかかったとき、工事現場の近くを歩いて落下物等でけがしたとき

注意

  • 相手方(加害者)からすべての治療費を受け取ったり、示談を済ませたりすると、喜多方市国民健康保険による医療が受けられない場合や既に喜多方市国民健康保険で治療を受けていたときは医療費の返還を求められる場合があります。
  • 治療費を受け取った場合にはその日時と金額等を喜多方市国民健康保険に報告してください。
  • 示談をするときは、事前に、喜多方市国民健康保険に電話などで相談してください。
  • 交通事故にあったら、すぐに警察に届け出るとともに、必ず下記窓口まで届け出るようにしてください。
  • 「第三者行為のによる傷病届」を速やかに提出しましょう。速やかに提出しない場合、損害賠償請求権は、民法第724条の規定により損害賠償請求権の時効は3年のため不法行為があった日から3年以内に届出がなかったこと等により損害賠償請求が出来なかった場合には、喜多方市国民健康保険に損害を与えたことになり、被害者である被保険者が喜多方市国民健康保険から損害賠償請求される場合があります。    

※医療を受けられる際には、傷病を受けた原因(交通事故等)を必ず医師に話しましょう。
※事故にあったときは、必ず警察署に届け出て、加害者の「氏名」、「住所」、「連絡先」を聞き、メモを取りましょう。

「第三者行為等による傷病届」の手続きに必要なもの

1 個人番号(マイナンバー)関係で必要なもの

※平成28年1月から社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の運用が始まり、届出に個人番号(マイナンバー)の記載をお願いしています。マイナンバー制度の詳細については、「社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)について」のページをご覧ください。

窓口に来られる方

本人確認に必要なもの

個人番号確認に必要なもの

代理権の確認に必要なもの

その他

世帯主またはその同一世帯員

窓口に来られる方の次の1から3までのいずれか1つ

  1.  個人番号カード
  2.  運転免許証などの公的機関が発行した顔写真付きの証を1点
  3.  公的機関が交付した証または通知した通知書(氏名、住所および生年月日が記載された本人確認が出来るもの)を2点以上( 個人番号通知カードおよび保険証、個人番号通知カードおよび住民票、保険証および保険者から通知された氏名、住所および生年月日が記載された通知書など

※3については、1または2をお持ちでない場合等やむを得ない場合に限ります。

被害者(被保険者)の個人番号カード(写しも可)または通知カード(写しも可)

注意 被害者が世帯主以外の被保険者の場合、対象者の個人番号は世帯主が個人番号を確認のうえ届出に記載してご持参ください。

世帯主と別世帯の方

窓口に来られる方の次の1または2のいずれか1つ

  1.  個人番号カードや運転免許証などの公的機関が発行した顔写真付きの証を1点
  2.  公的機関が交付した証または通知した通知書(氏名、住所および生年月日が記載された本人確認が出来るもの)を2点以上( 保険証および住民票、保険証および保険者から通知された氏名、住所および生年月日が記載された通知書など

※2については、1をお持ちでない場合等やむを得ない場合に限ります。

次のいずれか1つ

  • 委任状(止むを得ない場合には世帯主の被保険証または個人番号通知カード)
  • 戸籍謄本等その資格を証明する書類(法定相続人の場合)

2 第三者行為による傷病届出で必要なもの

  加害者(相手方)に当たる人が複数いる場合は、加害者(相手方)1人につき下記の書類を1枚作成してください。

○交通事故の場合

書類名

備考

第三者行為による傷病届第三者行為による傷病届 [PDFファイル/60KB]

記入者:被害者(被保険者)

念書念書(交通事故用) [PDFファイル/44KB]

記入者:被害者(被保険者)

誓約書誓約書(交通事故用) [PDFファイル/38KB]]

  • 記入者:加害者(相手方)
  • 相手方の過失割合が極端に少ないなどのため入手不能の場合には喜多方市国民健康保険にご相談ください。

事故発生状況報告書事故発生状況報告書 [PDFファイル/87KB]

  • 出来るだけ詳しく書いてください。
  • 既に自賠責保険会社等に提出している場合には写しでも可。
  • 報告者は、加害者・被害者連名であれば申し分ありませんが、当事者どちらが作成してもかまいません。しかし、片方が作成した場合には、もう一方の当事者に必ず間違いがないかどうか確認してください。
  • 当事者双方の見解が食い違う場合は、それぞれ「事故発生状況報告書」を作成してください。
  • 加害者(相手方)に当たる人が複数いる場合には、加害者1人につき1枚作成してください。

事故証明書

(既に自賠責保険会社等に提出している場合には写しでも可。)

人身事故扱いの場合

事故証明書のみ提出してください。ただし、事故証明書に被害者の方のお名前がない場合には、人身事故証明書入手不能理由書人身事故証明書入手不能理由書 [PDFファイル/160KB]を併せて提出してください。

物損事故扱いの場合

事故証明書に人身事故証明書入手不能理由書人身事故証明書入手不能理由書 [PDFファイル/160KB]を併せて提出してください。

自賠責保険加入証書の写し(自賠責保険内容のわかる保険会社の帳票)

加害者(相手方)分

任意保険加入証書の写し(任意保険内容のわかる保険会社の帳票)

加害者(相手方)分

○交通事故以外

書類名

備考

第三者行為による傷病届(交通事故以外)第三者行為による傷病届(交通事故以外) [PDFファイル/60KB]

記入者:被害者(被保険者)

念書念書(交通事故以外) [PDFファイル/44KB]

記入者:被害者(被保険者)

誓約書誓約書(交通事故以外) [PDFファイル/37KB]

  • 記入者:加害者(相手方)
  • 相手方の過失割合が極端に少ないなどのため入手不能の場合には喜多方市国民健康保険にご相談ください。
事故発生状況報告書(事故以外)事故発生状況報告書(事故以外) [PDFファイル/27KB]
  • 出来るだけ詳しく書いてください。
  • 報告者は、加害者・被害者連名であれば申し分ありませんが、当事者どちらが作成してもかまいません。しかし、片方が作成した場合には、もう一方の当事者に必ず間違いがないかどうか確認してください。
  • 当事者双方の見解が食い違う場合は、それぞれ「事故発生状況報告書」を作成してください。
  • 加害者(相手方)に当たる人が複数いる場合には、加害者1人につき1枚作成してください。
加害者(もしくはその家族)が個人賠償責任保険に加入している場合個人賠償責任保険加入証書の写し(個人賠償責任保険内容のわかる保険会社の帳票など)加害者(相手方)分

示談代行サービスが利用されている個人賠償責任保険の場合

事故状況報告書事故状況報告書(個人賠償責任保険用) [PDFファイル/22KB]]記入者:加害者(相手方)
念書および同意書(個人賠償責任保険等用)個人賠償責任保険用念書および同意書 [PDFファイル/52KB]

記入者:加害者(相手方)

 

 

※個人賠償責任保険とは、住宅の管理または日常生活に起因する第三者行為による事故によって生じ、法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害を補償する保険をいう。自動車保険(任意保険)や火災保険の特約として加入していることが多い。家族も補償対象としていることが多い。

【個人賠償責任保険の補償の対象となる事故の例】

  •  自転車の衝突による通行人の負傷
  •  飼い犬の噛みつきによる他人の負傷
  •  子どもや重度の認知症患者等の加害行為により親権者や後見人が責任を負う他人の負傷
  •  私有地の工作物や竹木による隣人の負傷
  •  ゴルフの競技中等による他人の負傷

 

手続き・問合せ先

  • 本庁保健課国保医療係
  • 各総合支所住民課市民サービス班

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Word Viewer

Wordファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Word など、Word 形式のファイルを開くことができるソフトウェアが必要です。

Word Viewer

Excelファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Excel など、Excel 形式のファイルを開くことができるソフトウェアが必要です。