ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 住まい・交通 > 住宅 > 木造住宅耐震診断者派遣事業の診断希望者募集
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災・安全 > 防災 > 木造住宅耐震診断者派遣事業の診断希望者募集

木造住宅耐震診断者派遣事業の診断希望者募集

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月23日掲載

喜多方市木造住宅耐震診断者派遣事業 診断希望者募集中

 我が家は『地震』に大丈夫?

 平成7年1月に発生した兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)はもとより、平成15年7月の宮城県北部地震、平成16年10月の新潟県中部地震においても、多数の建築物に被害が生じ、多くの死傷者がでました。さらには、平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)や平成28年4月の熊本地震においても、建築物の倒壊等が多数発生しました。これらの地震では現在の耐震規定を満たさない、工事着手が昭和56年以前の旧耐震基準による建築物に特に大きな被害がみうけられました。

耐震診断は地震対策の第一歩!

 地震への対策を徹底するには、自らの地震リスクをあらかじめ知っておくことが大切です。専門の建築士が調査することで、我が家が地震にどのくらい耐えられるのか、被害をどの程度受けるのかを知ることができます。また、地震に対する強さや弱さのポイントがどこにあるのかがわかることから、今後どのような耐震改修を行うかの判断となります。
 愛着のある我が家で安心して暮らすために耐震診断をおすすめします。

市では耐震診断者派遣事業を行っています!

 市では地震に強い安全なまちづくりを目指して、一定条件を満たす戸建て木造住宅を対象に、国と県の支援を受けて、耐震診断者(耐震診断を行う建築士等)を派遣する『喜多方市木造住宅耐震診断者派遣事業』を行っています。申込者の自己負担金は、診断1件につき6,000円となります。今年度の対象戸数は5戸の予定ですのでお早めにお申込みください。

『喜多方市木造住宅耐震診断者派遣事業』派遣の申込みについて

対象となる建築物

 対象となるのは、喜多方市内に存し、次の条件をすべて満たすものとなります。
 また、お申込みができるのは、建物の所有者の方となります。

  1. 所有者が自ら居住する住宅
  2. 昭和56年5月31日以前に着工された戸建て木造住宅(店舗等の用途を兼ねるもの(店舗等の用に供する部分の床面積が延べ床面積の2分の1未満のもの)を含む。)
  3. 在来軸組工法、伝統的工法、枠組壁工法等による木造3階建て以下の住宅
  4. 事業事務取扱要領に定める重点的に対策が必要な地区等にある住宅
  5. 過去に、当該事業により耐震診断を受けていない住宅

申込者の自己負担金

 診断1件につき6,000円
  ※負担金は、診断前に市へお支払いいただきます。

申込方法

 構造的に独立した棟毎に次の書類を提出してください。

  1. 喜多方市木造住宅耐震診断者派遣申込書(ダウンロード可)
  2. 付近見取図
  3. 建築確認通知書の写しまたは概略平面図

平成31年度申込受付期間

 令和元年9月27日(金曜日)まで
  ※なお、今年度の補助対象戸数は5件で、先着順となります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


このページの先頭へ