ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育・文化・スポーツ > スポーツ > 東京2020オリンピックの聖火リレーのルートに決定しました。

東京2020オリンピックの聖火リレーのルートに決定しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月5日掲載

喜多方市は令和2年3月27日に聖火リレーが行われます。

 「希望の道を、つなごう。」をコンセプトにした2020年東京オリンピックの聖火リレーは、令和2年3月26日(木曜日)に楢葉町にあるJヴィレッジでグランドスタートが行われ、3月28日(土曜日)まで3日間をかけて、福島県内25市町村でリレーされます。

 喜多方市では、3月27日(金曜日)に聖火リレーが実施されます。

 県内各地を廻った聖火リレーは、3月29日(日曜日)栃木県に引き継がれ、その後、開会式までの118日間にわたり、日本各地でリレーされます。

福島県内の聖火リレーの日程・ルート

 聖火リレーの見どころは、相馬野馬追のメイン会場である南相馬市・雲雀ケ原祭場地、重厚な蔵が立ち並ぶ、蔵のまち喜多方、只見川と只見線第一只見川橋梁が織りなす絶景地 三島町、伝統ある宿場町、下郷町の大内宿、会津のシンボル鶴ヶ城などです。
 3日間それぞれのリレー最終地では、聖火の到着を祝う「セレブレーション」が開催されます。

1日目 令和2年3月26日(木曜日)

 楢葉町→広野町→いわき市→川内村→富岡町→大熊町→葛尾村→浪江町→南相馬市

 セレブレーション会場 南相馬市「雲雀ケ原祭場地」

2日目 令和2年3月27日(金曜日)

 相馬市→新地町→飯舘村→川俣町→福島市→猪苗代町→喜多方市→三島町→会津若松市

 セレブレーション会場 会津若松市「鶴ケ城公園市営駐車場」

3日目 令和2年3月28日(土曜日)

 南会津町→下郷町→白河市→須賀川市→田村市→本宮市→郡山市

 セレブレーション会場 郡山市「開成山公園自由広場」

 ※実施市町村とその順番については、今後変更になる可能性があります。

 ※喜多方市内の具体的なルートは、決定していません。

 

聖火ランナーの募集

主な応募要件

 2008年4月1日以前に生まれた方で、国籍・性別は問いません。走行を希望する各都道府県にゆかりがある方も応募できます。

応募先

 東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーである「日本コカ・コーラ株式会社」「トヨタ自動車株式会社」「日本生命保険相互会社」「日本電信電話株式会社(NTT)」の4社と「各都道府県実行委員会」の公式ウェブサイトから応募できます。 

応募期間

 2019年6月17日(月曜日)から8月31日(土曜日) 【応募先】日本コカ・コーラ株式会社

  日本コカ・コーラ株式会社公式ウェブサイト<外部リンク>

 2019年6月24日(月曜日)から8月31日(土曜日) 【応募先】 トヨタ自動車株式会社、日本生命保険相互会社、日本電信電話株式会社
  

  トヨタ自動車株式会社 公式ウェブサイト<外部リンク>

   日本生命保険相互会社 公式ウェブサイト

   日本電信電話株式会社 公式ウェブサイト<外部リンク>


 2019年7月1日(月曜日)から8月31日(土曜日) 各都道府県実行委員会 

 詳しくは、大会組織委員会公式ウェブサイトをご覧ください。

 (公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会公式ウェブサイト<外部リンク>

 


このページの先頭へ