ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 暮らしのできごと > 高齢・介護 > 生活支援支え合い会議を開催しています
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉・衛生 > 高齢者 > 生活支援支え合い会議を開催しています

生活支援支え合い会議を開催しています

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月11日掲載

生活支援支え合い会議とは

少子高齢化により、高齢者は増加し、担い手となる若い世代は減少していきますが、地域で生活する高齢者を専門職だけで支える事はできません。
また、介護予防の考え方についても、機能訓練重視の個別支援から、本人の社会参加によるものへと変化しています。

住み慣れた地域でその人らしい生活を送るためには、これまでの概念にとらわれない多様な支援の形が必要になっています。

生活支援支え合い会議は、年齢を重ねても安心して暮らすにはどのような地域が必要か、住民と関係者が一緒に話し合い、共有していく場です。

どんなことを話し合うのか

  • 地域の資源や気になることなど、地域の情報を共有
  • 地域の課題を共有
  • 地域でできる事、できない事を話し合う

どのような取り組みがあれば住みよい地域となるかについて、地域の視点で話し合います。

生活支援支え合い会議と生活支援コーディネーター

生活支援支え合い会議は、市全体の事を話し合う第1層(生活支援支え合い連携会議)と、身近な地域のことを話し合う第2層(地区生活支援支え合い会議)で構成されており、第2層の地域は民生児童委員の活動エリアごとに地区分けしています。

生活支援コーディネーターが事務局となり、多様なメンバーと地域の情報を共有し、連携しながら、5年後、10年後の地域づくりを考えます。

会議の関係図

構成メンバーの例の画像

開催されている地区

  1. 熊倉地区(2018年8月7日設立)
  2. 熱塩加納地区(2018年8月29日設立)

他の地区についても随時設立できるよう取り組んでまいりますので、ご協力をお願いします。

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。


このページの先頭へ