ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育・文化・スポーツ > 学校教育 > 第12回「非核平和のまち」作文・習字コンクール作品募集

第12回「非核平和のまち」作文・習字コンクール作品募集

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月1日掲載

第12回「非核平和のまち」作文・習字コンクールの作品を募集します。

 市では、平成19年12月に宣言した「非核平和のまち」の趣旨を広く啓発するとともに、次代を担う子どもたちが平和の尊さや核兵器の怖さについて考え、平和維持と核兵器廃絶の重要性についての意識啓発を推進するため、市内の小・中学生に対して「平和」や「核兵器の廃絶」をテーマとした作文、習字作品を下記により募集します。

募集要項

応募資格

 喜多方市内に住む小学生および中学生

募集部門および課題、規格

 募集部門ごとの課題、規格は以下のとおりです。

部門種目課題規格
<部門・課題>
小学校1・2年生の部習字(硬筆)『へいわをまもる』 または
『かくのないまち』
1.書体は「かい書」とします。
2.専用の応募用紙に鉛筆書きとします。フェルトペンの使用は不可とします。
 習字(硬筆)専用応募用紙 [Wordファイル/17KB]
3.所定の欄に学校名、学年、氏名を明記してください。ただし、学校名はスタンプ可能とします。
4.応募者が喜多方市外の学校に在籍する場合は、作品の裏面に住所および電話番号を記載してください。
小学校3・4年生の部習字(毛筆)『平和』 または 『未来』1.書体は「かい書」とします。
2.市販の習字用半紙(ヨコ:約24cm、タテ:約34cm)に縦書きとします。
3.作品の左側余白に学校名、学年、氏名を明記してください。ただし、学校名はスタンプ可とします。
4.応募者が喜多方市外の学校に在籍する場合は、作品の裏面に住所および電話番号を記載してください。
小学校5・6年生の部習字(毛筆)『世界平和』 または
『非核平和』
中学生の部作文平和に関すること
(平和、反戦、非核化など)
1.題名は自由とします。
2.400字詰め原稿用紙3枚(1,200字)以内とし、題名、学校名、氏名を文字数に含めてください。
3.作文の冒頭に題名、学校名、氏名を記載してください。
4.応募者が喜多方市外の学校に在籍する場合は、作品の裏面に住所および電話番号を記載してください。
5.作品は自筆のものとし、コピーおよびワープロソフト等の使用は不可とします。

応募点数

 1人1点とし、未発表(自作)のものに限ります。

応募締切日

 令和2年9月4日(金曜日)必着

応募方法

応募者が市内の学校に在籍している場合

 応募者が在籍している学校を通じて応募するものとし、学校単位で応募してください。なお、応募に際しては、応募作品に「学校用応募用紙」を添えて、喜多方市役所企画政策部企画調整課または各総合支所住民課まで、持参または郵送により応募してください。

 学校用応募用紙 [Wordファイル/25KB]

 学校用応募用紙(記入例) [Wordファイル/31KB]

  実施要項 [PDFファイル/234KB]

応募者が市外の学校に在籍している場合

 喜多方市役所企画政策部企画調整課または各総合支所住民課まで持参または郵送により応募してください。

賞および副賞

(1)最優秀賞 各部門1名に賞状と副賞を贈呈
(2)優秀賞 各部門2名に賞状と副賞を贈呈
(3)参加賞 上記入賞者以外の応募者全員に記念品を贈呈

入賞発表

 入賞者の発表は、市ホームページおよび市広報誌面において発表します。なお、入賞者への連絡は、市内の学校に在籍している児童、生徒の場合は在籍する学校を通じて行い、それ以外の場合は直接本人に行います。

その他

(1)入賞作品の著作権は喜多方市に帰属するものとし、「非核平和のまち」に関する事業等において広く活用するものとします。
(2)提出された応募作品については、審査終了後、入賞作品を除いて全て返却します。
(3)参加賞は、応募者が市内の学校に在籍している場合は在籍する学校を通じて贈呈し、それ以外の応募者については直接本人へ送付します。
(4)応募者の氏名等の個人情報は、審査、発表、展示および参加賞の送付のみに使用し、それ以外の用途には使用しません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Word Viewer

Wordファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Word など、Word 形式のファイルを開くことができるソフトウェアが必要です。


このページの先頭へ