ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

四国電気からLEDの寄贈

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月30日掲載

遠藤市長と高橋社長
2020年3月30日撮影 

3月30日、四国電気から発光ダイオード(LED)が贈られました。贈られたLEDは、JR喜多方駅前の駐車場の街灯に設置します。

四国電気からは、平成30年度にも、通学路の安全と安心なまちづくりのため、熱塩加納、塩川、山都、高郷の各総合支所へLED防犯灯を30灯ずつの寄付をいただいています。

高橋和重社長は、「喜多方市の企業として少しでも役に立てればという思いがあった」と話しました。

贈られたLEDライトに交換することで、駅前が明るくなり、さらに節電が期待できます。


このページの先頭へ