ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ごみ・環境・エネルギー > エネルギー > 平成30年度喜多方市住宅用再生可能エネルギー設備等設置費補助金のお知らせ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 住まい・交通 > 住宅 > 平成30年度喜多方市住宅用再生可能エネルギー設備等設置費補助金のお知らせ

平成30年度喜多方市住宅用再生可能エネルギー設備等設置費補助金のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日掲載

事業の趣旨

 地球規模での環境保全とエネルギーの安定供給の確保を図り、自然と共生する美しく快適なまちづくりを推進するため、住宅用再生可能エネルギー設備等を設置した方に対し、予算の範囲内で補助金を交付するものです。

交付対象者

 次のいずれかに該当する方が対象となります。ただし、補助申請する方が単身赴任その他の理由により一時的に市内に住所を有しない場合で、配偶者、子、父母など家族が引き続き当該住宅に居住している場合は申請できます。

  1. 自らが居住する市内の住宅に対象設備を設置した方
    (当該住宅が事務所、店舗、その他これらに類する用途を兼ねるものを含む)
  2. 対象設備が設置された市内の住宅を購入し、居住している方

補助対象経費と補助金額

 平成30年4月1日以降に対象設備の設置工事を完了した、下記の表に掲げる経費が対象となります。
 なお、太陽光発電システムは電力需給開始日、その他の設備は領収書の領収日を完了日とします。
 また、補助金は設備区分ごとに1住宅あたり1回限りとなりますのでご注意ください。

対象設備補助対象経費補助金額補助件数
補助対象経費と補助金額
太陽光発電システム太陽光パネル、架台、パワーコンディショナー、配線等の附属設備、設置工事費。20,000円/キロワット
(上限80,000円)
35件程度
薪・ペレットストーブストーブ本体、煙突、炉台等の附属設備、設置工事費。補助対象経費の5分の1
(上限50,000円)
8件程度
地中熱利用システム採熱井掘削、地中熱を利用する空調機器等の設備、設置工事費。(エネルギー消費効率(Cop)が3.0以上であること。)補助対象経費の10分の1
(上限100,000円)
1件程度

申請手続き

申請期間

 平成30年4月2日(月曜日)から平成31年3月29日(金曜日)
 ※先着順に受け付け、予算額に達した時点で募集を終了します。なお、その場合は、市のホームページでお知らせします。

申請書類

 申請される方は、以下の申請書類を企画調整課(本庁舎2階)へ提出してください。
 なお、郵送等によるお申し込みは受け付けることができませんので、予めご了承ください。
 申請書は下記からダウンロードするか、企画調整課または各総合支所住民課で受け取りください。
 

No申請書類様式
申請書類
1補助金交付申請書(様式第1号)様式第1号(申請書) [Wordファイル/28KB]
2住民票(補助申請者のもの)
3住宅所有者の設置承諾書(様式第2号)、賃貸借契約書の写し
(設備を設置する住宅が申請者のみの所有物でない場合)
様式第2号(設置承諾書) [Wordファイル/23KB]
4写真
※太陽光発電は、建物全体、太陽光パネル、パワーコンディショナー
※薪・ペレットストーブは、ストーブ本体、煙突、附属設備
5領収書の写し、領収金額の内訳が分かる書類(参考様式)

参考様式(太陽光) [Wordファイル/42KB]

参考様式(薪・ペレットストーブ) [Wordファイル/42KB]

6太陽光受給契約確認書の写し(太陽光発電システムの場合)
7補助金交付請求書(様式第3号)様式第3号(請求書) [Wordファイル/23KB]
8預金通帳の写し
(金融機関、支店、預金区分、口座番号、名義が確認できる部分)
9チェックシート

チェックシート(太陽光) [Excelファイル/14KB]

チェックシート(薪・ペレットストーブ) [Excelファイル/14KB]

チェックシート(地中熱) [Excelファイル/14KB]

注意事項

  1. 中古品は対象外です。
  2. 申請書の記載事項や添付書類に不備があった場合は、申請書を受け付けることができません。

    よくいただくお問い合わせ [PDFファイル/106KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Word Viewer

Wordファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Word など、Word 形式のファイルを開くことができるソフトウェアが必要です。

Word Viewer

Excelファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Excel など、Excel 形式のファイルを開くことができるソフトウェアが必要です。