ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ねこの飼い方

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月29日掲載

ねこの飼い主の皆様へ、ねことのよりよい生活のために

近年、ねこを家族の一員として飼われているご家庭も多くなっております。今やねこは人にとって「癒し」「喜び」の存在となっており、一緒にいるだけで穏やかで安らぎのある時間を与えてくれます。

ペットの終生飼養は飼い主の責務です。ねこの特性、習性を知り適正に飼育することにより、ねこと人がよりよく共生できる社会になるように以下のことを守りましょう。

1 完全室内飼育

外にでるねこは交通事故や病気など、屋外は危険がいっぱいです。またご近所でフン害など周囲に迷惑をかける恐れがあります。ねこのためにも屋内で飼いましょう。

2 不妊去勢手術をして飼う

ねこは繁殖力が強く、1回に4匹から6匹を年2回から3回出産します。手術をすることでマーキングや発情などを防ぐことができます。

3 野良ねこへの無責任な餌やりはやめましょう

無責任な餌やりは、集まってきたねこのふんやその悪臭で周辺住民に迷惑をかけます。集まったねこが子ねこを産んで不幸なねこが増える原因にもなります。自分で責任を持って飼養する意思のないねこに対して、安易な餌やりは絶対にやめてください。

ねこの飼い方1

ねこの飼い方2

ねこの飼い方 [PDFファイル/707KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


このページの先頭へ