ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

電気柵について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月3日掲載

電気柵は農作物被害を防ぐために有効な手段ですが、効果を発揮するためには

電気柵を正しく設置すること、そして設置した後も、電気柵の性能を維持する

ために、適切な管理を続けていくことが必要です。

適切な管理とは、例えば次のようなことがあれば、そのつど対応しなければ

なりません。

 ○草が伸びている場合        ・・・ 草刈、草むしりをする

 ○線が緩んでいる場合        ・・・ ポールや柵線を調整し、たるみを治す

 ○木や石が触れている場合    ・・・ 木や石をどかす

 ○電圧が下がっていないか不安 ・・・ 電圧チェッカーで確認する

このため電気柵をこまめに見回って点検する必要があり、個人では困難が伴う

ことから、何人かまとまってグループを作り、役割を決めて対応することが

効果的であり、一人あたりの労力や時間もかからなくて済みます。

こうしたことを支援するため、市では電気柵の購入補助事業や貸出事業を実施

しております。

詳しくはお問い合わせください。


このページの先頭へ