ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成28年産米の放射性物質検査結果

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月1日掲載

喜多方米シール 福島県内で生産された玄米は、全量全袋検査を実施し、食品衛生法に定める一般食品の基準値以下であることを確認し出荷しています。
 また、喜多方市では、更なる安全・安心の確保のため、平成23年から継続して、独自に市内300箇所において米の放射性物質検査を実施しております。
 11月4日に検査が終了し、全ての玄米から放射性物質は検出されず、喜多方産米の安全性が確認されておりますので安心してお召し上がりください。
(詳細は下記「(喜多方市独自実施)放射線測定結果報告書」をご覧ください。)
 この結果を受け、平成28年産喜多方産米の安全性をPRするため、平成28年産米販売促進用のチラシおよびシールを作成しました。チラシまたはシールの活用を希望される方は、下記のお問い合せ先までご連絡ください。
 なお、福島県内で出荷・販売する米、飯米、縁故米、ふるい下米など全ての米が全量全袋検査対象です。販売促進用のチラシまたはシールは、検査を実施したうえでご使用ください。

【検査の概要】

1 調査点数

各集落の水田面積に応じ、集落ごとに1~3点ずつの合計300点

  • 水田面積が30ヘクタール未満の集落・・・・・・1点
  • 水田面積が30ヘクタール以上60ヘクタール未満の集落・・・2点
  • 水田面積が60ヘクタール以上の集落・・・・・・3点

1 地区別

  喜多方137点、熱塩加納30点、塩川72点、山都37点、高郷24点

2 品種別

  コシヒカリ236点、ひとめぼれ43点、ミルキークイーン4点、あきたこまち2点、
  チヨニシキ2点、天のつぶ6点、夢ごこち1点、こがねもち5点、五百万石1点

2 検査基準

 ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線測定とし、各核種(放射性セシウム134、137)とも5ベクレル /キログラム程度を検出下限値とする。

3 分析機関

 一般財団法人 新潟県環境衛生研究所

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)