ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育・文化・スポーツ > 生涯学習 > 喜多方市成人式 > 成年年齢引き下げに伴う令和4年度以降の成人式について

成年年齢引き下げに伴う令和4年度以降の成人式について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月23日掲載

 民法の一部改正に伴い、令和4年4月1日から成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。これまで成人式の対象者等について検討してまいりましたが、下記の理由により、令和4年度以降も引き続き20歳の方を対象として1月に開催することを決定しました。

1 対象年齢を20歳とする主な理由

⑴ 20歳は18歳と比較して、進学や就職により様々な経験を積むことによって、社会の規範を深く理解することができるようになることから、より深く大人になったことを自覚することが期待されるため。

⑵ 20歳は、飲酒や喫煙などが可能となるので、成人としての自覚を促す区切りの年齢であるため。

⑶ 18歳を対象とした場合、進学や就職など進路選択の大切な時期と重なり、本人や家族の負担が大きいため。

2 開催時期を1月とする主な理由

⑴ 国民の祝日である「成人の日」が設定されている1月に実施することで、成人を自覚することやお祝いの機運が高まるため。

⑵ 成人を祝う儀式は古来より1月に行われており、伝統文化を重んじた時期であるため。

3 式典の名称

 今後検討することといたします。


このページの先頭へ