ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

喜多方市地域おこし協力隊(スポーツ振興コーディネーター)を募集します!

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年1月14日掲載

募集概要

喜多方市では、現在、地域おこし協力隊を以下の内容で募集しています

 スポーツ振興コーディネーター 1名

 喜多方市では、市民の健康増進や地域コミュニティの活性化のため、ライフステージや地域の特性に合ったスポーツ振興策に取り組んでいます。特に、福島県内唯一の公認ボートコース(福島県営荻野漕艇場)があることから、ボート大会や体験事業を開催し、「ボート競技」の振興を行っています。 

 また、健康増進、生涯スポーツの観点から、「太極拳」の普及にも取り組んでいます。

 このほか、福島県内の市町村対抗で行われている「軟式野球大会」「ソフトボール大会」「駅伝大会」への参加や、オリンピック教室やスキー大会の開催などにより、スポーツを通じた地域間交流・世代間交流の促進を図っています。

 しかし、全国的に少子高齢化が進む中、児童・生徒数の減少に伴い、スポーツ少年団や中学校の部活動も減少し、子ども達のスポーツ離れが進む一方で、遊びの多様化が進んでいます。

 今後、市民のニーズに適応したスポーツ振興策や、本市の特性や地域資源、人材を活かした新たな取組など、「スポーツ振興による元気なまちづくり」の取組を実施します。

 この「スポーツ振興による元気なまちづくり」の一役を担う、地域おこし協力隊「スポーツ振興コーディネーター」を募集します。「スポーツ振興コーディネーター」として、総合型地域スポーツクラブの活動支援や新たなクラブの設立支援、地域に出向いたスポーツ教室の実施など、市民のニーズにあった取組を実施していただきます。

喜多方市地域おこし協力隊募集要項(スポーツ振興コーディネーター) [PDFファイル/258KB]


 事前に活動環境や内容を確認していただくため、現地案内を行っています。
 希望される方は、お気軽にご相談ください。

募集要項

1 募集人数 

  1名

2 活動内容

 ・市民のスポーツニーズの現状調査と分析

 ・「総合型地域スポーツクラブ」の活動支援と新たなクラブの設立支援

 ・児童・生徒に新たなスポーツの魅力を伝えるための取組

 ・ボート競技、太極拳の振興

 ・市町村対抗スポーツ大会(軟式野球、ソフトボール、駅伝大会)代表チームの活動支援

 ・「eスポーツ」を取り入れた新たな事業の企画・実施

 ・専門種目や自らのアイディアを活かしたスポーツ振興策の企画・実施

3 勤務場所

喜多方市役所生涯学習課(喜多方市字御清水東7244番地2)

4 雇用形態および勤務条件

 (1) 雇用形態

   市の雇用

 (2) 身分

   喜多方市特別会計年度任用職員

 (3) 賃金等

   164,640円/月

   市の基準により通勤手当相当額・期末手当を別途支給します。

   所得税および健康保険・厚生年金・雇用保険への加入に伴う保険料等の本人負担分が控除されます。

 (4) 勤務日等

   週4日勤務。通常の勤務時間は、8時30分~17時15分

   ただし、土日、祝日または勤務時間外に勤務した場合は、勤務日および時間等の振替を行います。

 (5) 住居

   家賃は月額3万円を上限に市が負担します。
   上限を超える場合には、一部自己負担が生じる場合があります。
   光熱水費や家財等への保険料は本人負担となります。

 (6) 休暇

      年次有給休暇等が付与(1年目10日以内※、2年目11日、3年目12日)されます。

   ※採用日により付与日数が異なります。

 (7) 活動費

   予算の範囲内で市が準備します。

5 雇用期間

 (1) 採用の日から令和5(2023)年3月31日まで

 (2) 採用日から最長3年間の雇用延長が可能。

 (3) 地域おこし協力隊としてふさわしくないと市長が判断した場合は、任期中であっても任用を取り消す場合があります。

6 募集条件(対象)

 次の(1)、(2)の要件を満たす者。

(1)次に該当する者

  • 年齢、性別は問いません。
  • 地域活性化に積極的に取り組み、隊員期間満了後においても本市に定住する意欲のある方。
  • 心身ともに健康で誠実に職務を行うことができる方。
  • 三大都市圏をはじめとする都市地域等に在住し、採用後、喜多方市に住民票を異動し、生活拠点を移すことができる方。
  • 普通自動車免許を有している方。
  • パソコンの基本(ワード、エクセル、パワーポイント等)操作ができる方。
  • スポーツを愛好し、スポーツ振興の知識や関心のある方。
  • 日本スポーツ協会公認指導員等資格のある方が望ましい。
  • 人とコミュニケーションをとることが好きで、自ら積極的に地域と関わる姿勢を持つ方。

(2)次のいずれにも該当しない者

  • 禁固以上の刑に処せられ、その刑の執行を終わるまで、又はその執行を受けることがなくなるまでの者。
  • 喜多方市職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
  • 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者。
  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第6号に規定する暴力団員又は暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者。

7 募集期間

 令和4(2022)年1月14日(金曜日)から2月25日(金曜日)まで

 募集期間中であっても、一定数の応募があった場合は、その都度、選考を行います。
 選考の結果、採用が決定した場合は、その時点で募集を終了します。

 なお、募集期間経過後においても募集人数に満たない場合は、その都度選考を行います。

8 応募方法

 (1) 応募書類

  次の書類を持参または郵送により提出して下さい。履歴書、応募用紙は、ここからダウンロードできます。

   ア 履歴書 [Wordファイル/60KB](市販のものでも可 ※顔写真を貼付のこと。)

   イ 応募用紙 [Wordファイル/20KB]

              テーマ「私が地域おこし協力隊として取組みたいこと」

 ※志望動機や意気込み、自身の経験等を、どのように活かして取組むのかをご記入ください。

          ウ 住民票抄本(直近1か月以内のもの)

          エ 普通自動車免許証の写し

  (2) 選考方法

 募集期間中であっても、一定数の応募があった場合、その選考を行い合否を決定します。

   ア 第1次選考:書類選考

  提出された履歴書と応募用紙により書類選考を行い、応募者には都度結果を文書で通知します。

イ 第2次選考:面接選考

  書類選考の合格者に対し、面接による選考を実施します。面接選考結果(合否)を文書で通知し、合格者を採用します。

9 注意事項

 本募集は令和4年度の予算成立を前提として行うものであり、成立した予算の内容によって、採用されない場合があり得ることを予めご了承願います。

応募に係る相談、活動地区の現地見学

活動地区や勤務地の見学案内、現役協力隊への相談など、応募される前に活動環境の確認をお勧めしています。
希望される方は見学希望日時を電話またはメールにて、下記お問い合わせ先までお気軽にご連絡ください。

問い合わせ・応募先

喜多方市企画政策部地域振興課きたかたぐらし推進室

〒966-8601 福島県喜多方市字御清水東7244番地2

電話:0241-24-5306 FAX:0241-25-7073

参考サイト

福島県内の地域おこし協力隊のインタビュー記事<外部リンク>

喜多方市の地域おこし協力隊の紹介

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Word Viewer

Wordファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Word など、Word 形式のファイルを開くことができるソフトウェアが必要です。

喜多方市 企画政策部 地域振興課

〒966-8601
福島県喜多方市字御清水東7244-2
Tel:0241-24-5306 Fax:0241-25-7073

Copyright © City of Kitakata. All rights reserved.

ページの先頭へ