ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 医療・福祉 > 介護 > 新型コロナウイルス感染症情報 > 介護事業所における新型コロナウイルス感染防止対策について

介護事業所における新型コロナウイルス感染防止対策について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月3日掲載

介護事業所における新型コロナウイルス感染防止対策について

市内の介護保険事業所におきましては新型コロナウイルス感染防止のため各種対策を講じ事業を行っております。その主なものは下記のとおりです。詳しくは各事業所にお問い合わせください。

〇面会の制限

 面会はやむを得ない場合を除き行いません。

 やむを得ない場合は検温し発熱(37.5℃以上)がない事、呼吸器症状(咳等)がない事を確認し、マスク着用、手指消毒したのちに、居室ではなく交流スペース等で面会していただく。

〇発熱や呼吸器症状のある方の利用制限

 サービス利用前に必ず検温し発熱(37.5℃以上)がない事、呼吸器症状がない事を確認して利用していただく。

〇発熱や呼吸器症状のある職員の出勤制限

 出勤前に必ず検温し発熱(37.5℃以上)がない事、呼吸器症状がない事を確認して出勤する。

〇うがいや手洗い、手指消毒等の励行

〇施設内の換気や消毒

 定期的に換気し、ドアノブや手すりなどのこまめな消毒を実施。

〇使用車両の消毒

 車両使用後の消毒の実施

〇職員のマスクの着用      


このページの先頭へ