ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 年金・保険・税金 > 市・県民税 > 確定申告でのe-Tax(電子申告)利用促進について

確定申告でのe-Tax(電子申告)利用促進について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月8日掲載

国税庁ではインターネットを利用して、パソコンから所得税の確定申告ができるe-Taxを推進しています。あらかじめ登録をすれば、自宅やオフィスから、インターネットで国税に関するさまざまな申告や申請、納税ができ、税務署に何度も出向く必要がなくなります。

また、平成23年1月から市町村と国税庁との間で申告書のデータ連携が開始されています。

e-Taxにより提出された申告書は、データ連携により速やかに税務署から市町村に送信されることとなっております。市町村の事務効率化の観点からも、e-Taxの普及にご協力くださいますようお願いいたします。

e-Taxホームページはこちら<外部リンク>

e-Tax利用のメリット

・ホームページから簡単に申告ができる

・所得税の還付手続きが早期に処理される(通常:1~2ケ月↠e-Tax:3週間程度)

・医療費の領収書や源泉徴収票など一定の書類の提出(または提示)が省略できる

・確定申告期間中は、24時間いつでも利用可能

e-Taxの利用に必要なもの

1.インターネット環境が整っているパソコン

2.ICカードリーダライタ

3.個人番号カード(マイナンバーカード)

マイナンバーカードの交付など、詳しい内容についてはマイナンバーカード総合サイト<外部リンク>をご覧ください。

また、公的個人認証サービスを経た住民基本台帳カードは、その有効期間内であればマイナンバーカードの代わりに使用することができます。

お問い合わせはこちらへ

e-Taxに関するよくある質問(Q&A)や、利用開始のための手続、e-Taxソフト、確定申告書等作成コーナーおよびその利用のためのパソコン操作などに関する問い合わせについては、e-Taxお問い合わせコーナー <外部リンク>をご覧ください。