ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

軽自動車税に関する質問(FAQ)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月4日掲載

軽自動車税に関する質問(FAQ)

Q1 友達に原動機付自転車をもらいましたが、どのような手続きが必要ですか?

A1 所有者の変更手続きが必要です。手続きをしないと、引き続き前所有者に軽自動車税が課税されますのでご注意ください。手続きの詳細については軽自動車税の申告と標識交付のページをご覧ください。

Q2 先日、50ccのバイクを所有している父が亡くなったのですが、どのような手続きをしたらよいでしょうか?

A2 引き続き他の人が所有する場合は、所有者の変更手続きが必要です。車両を処分した場合は廃車の手続きをしてください。手続きの詳細については軽自動車税の申告と標識交付のページをご覧ください。

Q3 引っ越した場合、どうしたらよいでしょうか?

A3 軽自動車税は、4月1日現在の定置場(主に駐車する場所)のある市区町村で課税されます。市内での引っ越しの場合、住民票の転居届が出ていれば、軽自動車税の手続きは必要ありません。市外へ転出した場合は、喜多方市でそのまま使用する場合を除き、住所変更の手続きをしなければなりません。喜多方市ナンバーの車両は転出先の市区町村、福島・会津ナンバーの車両は陸運支局、軽自動車検査協会などで手続きをしていただくことになります。
 手続きの詳細については軽自動車税の申告と標識交付のページをご覧ください。

Q4 喜多方市に引っ越してきました。原動機付自転車には今まで住んでいた市のナンバーが付いていますが、このまま乗っていていいですか?

A4 軽自動車税は、定置場(主に駐車する場所)のある市区町村で課税することになりますので、住所変更の手続きが必要です。新たに喜多方市ナンバーを交付します。
 手続きの詳細については軽自動車税の申告と標識交付のページをご覧ください。

Q5 原付バイクが盗難にあってしまったのですが、手続きはどのようにしたらよいでしょうか?

A5 盗難にあった場合は、直ちに最寄の警察署、交番または派出所に届け出てください。その際「届出警察署または交番名」「届出日」「被害日」の控えを取り、所有者等の認め印を持って、税務課窓口または各総合支所住民課市民サービス班にて速やかに廃車の手続きをしてください。なお、盗難にあった原付バイクが発見され、再度使用される場合は、廃車手続きの際に交付された廃車証明書と認め印を持って、あらためて登録の手続きをしてください。  

Q6 公道を走行しないトラクターでも、ナンバープレートを付けないといけませんか?

A6 登録をしていただき、ナンバープレートを付けなければなりません。公道を走らない場合でも、乗用であれば軽自動車税の課税対象になります。  

Q7 軽自動車の車検が切れて乗っていないのですが、税金を払わなければいけないのですか?

A7 軽自動車税は車検証が有効か否かにかかわらず、毎年4月1日現在の所有者等に課税されます。乗らないのであれば、速やかに車両を処分し廃車の手続きをしてください。手続きをしない間は、毎年度課税され、納税義務が生じます。  

Q8 廃車(譲渡)したはずなのに、税金の通知が届いたのですが?

A8 軽自動車税は、4月1日現在の所有者の方に課税されますので、4月2日以降に廃車(譲渡)の手続きをしても、その年度の軽自動車税は一年分課税されます。
※4月1日以前に手続きをしたのに税金の通知が届いた場合は、市役所税務課市民税班(電話24-5217)までご連絡ください。  

Q9 年度途中で軽自動車を登録したり、廃車や名義変更をしたときの軽自動車税はどうなりますか?

A9 軽自動車税は、4月1日現在の所有者に年税で課税されます。したがって、4月2日以降に取得し、登録したものについては、その年度の軽自動車税が課税されません。その代わり、4月2日以降に廃車や名義変更の手続きをしたものについては、すでに手元に車両がなくても、その年度の軽自動車税が課税されますので、その全額を納めていただくことになります。  

Q10 納期限が切れてしまいましたが、この納税通知書で納付できますか?

A10 軽自動車税は、5月25日が納期ですが、期限を過ぎても納付することができます。しかし税額によっては、納付する日までの延滞金が加算される場合があります。一度、市役所税務課税制収納班(電話24-5219)までご連絡ください。  

Q11 車検がもうすぐなのに継続検査用納税証明書を紛失してしまいました。再発行できますか?

A11 軽自動車税を滞納なく納めていただいている場合、市役所税務課窓口、または各総合支所住民課市民サービス班にて、車検用納税証明書を請求していただければ発行できます。車検証、印鑑をご持参の上、お越しください。  

Q12 身体障がい者手帳を持っているのですが、所有している軽自動車の税金は免除されますか?

A12 身体障がい者手帳をお持ちの方が所有されている軽自動車の税金は、その方の障がいの等級により減免を受けられる場合があります。また、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、18歳未満で身体障がい者手帳をお持ちの方と生計を一にする方などが所有等されている軽自動車税についても減免を受けられる場合がありますので、詳しくはお問い合わせください。なお、減免を受けるためには、納期限までの申請が必要になります。