ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和2年度国民健康保険税の税率

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月10日掲載

国民健康保険税の制度改正

 地方税法施行令の改正にもとづき、国民健康保険税の課税限度額および一定所得以下世帯の軽減所得基準額を改正します。

課税方式と算出基礎

 これまでの課税方式は4方式(所得割、資産割、均等割、平等割)でしたが、平成30年度からは3方式(所得割、均等割、平等割)とし、資産割を廃止しました。

<国民健康保険税の算出基礎>
区分算出基礎
所得割加入者の前年中の所得から基礎控除33万円を控除した額に税率を乗じて計算します。
均等割各世帯の国保加入者数に応じて計算します。
平等割国保に加入する1世帯あたり平等に賦課される額です。

税率と課税限度額

 地方税法施行令の改正にもとづき、医療給付費分の課税限度額を2万円引き上げ、63万円、介護納付金分の課税限度額を1万円引き上げ、17万円とします。

区分令和2年度平成31年度
<令和2年度国民健康保険税率比較表>
医療給付費分
(0歳~74歳まで)
所得割5.62%5.62%
均等割15,600円15,600円
平等割11,700円11,700円
課税限度額63万円61万円
後期高齢者支援金分
(0歳~74歳まで)
所得割2.83%2.83%
均等割7,900円7,900円
平等割5,900円5,900円
課税限度額19万円19万円
介護納付金分
(40歳~64歳まで)
所得割2.05%2.05%
均等割7,400円7,400円
平等割3,800円3,800円
課税限度額17万円16万円

令和2年度国民健康保険税の計算方法 [PDFファイル/121KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


このページの先頭へ