ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

軽自動車税の減免

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月4日掲載

軽自動車税減免のあらまし

 身体障がい者または精神障がい者(以下、「身体障がい者等」といいます。)が所有する軽自動車等で、本人または生計を一にする人が運転する軽自動車等、もしくはその構造が専ら身体障がい者等の利用に供するための軽自動車等については、軽自動車税の減免を受けることができます。

減免の対象となる軽自動車等

  1. 社会福祉法人が所有するもの
  2. 身体障がい者等が取得または所有する軽自動車等で、身体障がい者等本人が運転するもの
  3. 身体障がい者等が取得または所有する軽自動車等で、身体障がい者等の通学、通院、通所若しくは生業のために、身体障がい者等と生計を一にする方が運転するもの
  4. 身体障がい者等のみで構成される世帯の身体障がい者等が取得または所有する軽自動車等で、専ら身体障がい者等の通学、通院、通所若しくは生業のために、身体障がい者等を常時介護する方が運転するもの
  5. その構造が専ら身体障がい者等の利用に供するためのもの
    ※ただし、2~4については身体障がい者等1人につき自動車税および軽自動車税対象車両のうち1台に限ります。

減免の対象となる障がいの範囲

 身体障がい者等自身が運転する場合と、身体障がい者等と生計を一にする方または常時介護する方が運転する場合などで要件が異なります。下表の●が該当する身体障がい者等の範囲になります。

区分身体障がい者の方が自ら運転する場合身体障がい者の方と生計を一にする方
または常時介護する方が運転する場合
1級2級3級4級5級6級1級2級3級4級5級6級
視覚障がい    
聴覚障がい        
平衡機能障がい          
音声機能障がい
(喉頭摘出による音声機能障がいがある場合に限る.)
           
上肢不自由        
下肢不自由   
体幹不自由     
乳幼児期以前の
進行性脳病変による運動機能障がい
上肢機能        
移動機能
心臓、じん臓、呼吸器、小腸
ぼうこうまたは直腸機能障がい
      
ヒト免疫不全ウイルスによる
免疫機能障がい
    
知的障がい者療育手帳によりA判定(重度)療育手帳によりA判定(重度)
精神障がい者精神障がい者手帳1級精神障がい者手帳1級

減免申請の手続き

持参するもの

  1. 納税通知書
  2. 運転免許証
  3. 障がい者手帳
  4. 印鑑
  5. 自動車検査証
  6. 障がい者等のために運転する旨の証明書または常時介護証明書(※)

※ 6の証明書は、「減免の対象となる軽自動車等」の3、4の場合のみ必要となります。1~5の書類と住民票の写しを持参して、市役所社会福祉課または各総合支所住民課で交付を受けてください。

申請先

 納期限までに市役所税務課窓口または各総合支所住民課窓口で申請してください。

減免申請書[PDFファイル/31KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)