ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 財務状況 > 財政状況の公表 > 財政状況公表平成29年度下半期

財政状況公表平成29年度下半期

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月31日掲載

喜多方市の財政状況をお知らせします

 

喜多方市では、地方自治法及び条例に基づき、毎年2回財政状況を市民の皆さんにお知らせしています。
今回は、平成30年度当初予算のあらましと、平成29年度予算の執行状況(平成30年3月31日現在)をお知らせします。

平成30年度の当初予算は、市長選挙との関係から義務的経費、経常的経費及び継続的経費を中心とし、さらに市総合計画の着実な推進を図るための経費並びに新規事業のうち当初予算から措置する必要のあるものにかかる経費などを加え「骨格予算」として編成を行い、一般会計当初予算額は243億1,900万円となりました。(※参考 対前年度当初予算 13億6,200万円の減、5.3%減)

また、骨格予算に計上していない新規事業や政策的判断を要する事業については、「肉づけ予算」として、特に社会経済情勢の変化や多様化するニーズを見極めながら、子どもから高齢者まですべての市民が笑顔にあふれ「夢と希望が持てるふるさと喜多方」、「わくわくする喜多方」の創造に向けて、『~笑顔・元気を紡ぐ~わくわく喜多方推進事業』として喜多方の未来に向けたまちづくりを加速させていくための予算を中心として編成し、肉付け予算後の一般会計予算額は247億3,961万円となりました。(※参考 対前年度当初予算 9億4,139万円の減、3.7%減)

また、平成29年度における一般会計予算の収入と支出の状況は、平成30年3月31日現在で、年度末の予算総額284億1,605万円に対し、245億5,013万円の収入(収入率86.4%)、228億8,290万円の支出(執行率80.5%)となっています。
なお、平成30年5月31日出納閉鎖により現在計数の取りまとめ作業を行っております。

 平成29年度各会計予算の執行状況および市債の状況 [PDFファイル/159KB]

 用語の意味 [PDFファイル/202KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


このページの先頭へ