ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 財務状況 > 財政状況の公表 > 財政状況公表平成28年度下半期

財政状況公表平成28年度下半期

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月31日掲載

喜多方市の財政状況をお知らせします

 喜多方市では、地方自治法および条例に基づき、毎年2回財政状況を市民の皆さんにお知らせしています。
 今回は、平成29年度当初予算のあらましと、平成28年度予算の執行状況(平成29年3月31日現在)をお知らせします。

 平成29年度の予算編成に当たっては、財源を有効に活用する観点から、事業の重点・選別化を念頭に必要性、緊急性、優先度および事業の終期等を考慮し予算の計上を行いました。
 歳出予算については、市の将来の都市像である「力強い産業 人が輝く 活力満ちる安心・快適なまち」の実現に向けて、人口減少や少子高齢化の急速な進行など大きく変化している社会経済環境への対応とともに、産業の振興を今まで以上に力強く推し進め、安定した雇用と市民所得の向上により若い世代の定住促進の施策の実行と同時に将来のまちづくりの担い手となる人材育成のための施策の推進、保健・医療・介護・福祉の充実による高齢者や障がい者の方々が元気に生きがいをもってくらせる環境づくりの推進のための所要額を計上しました。主な建設事業として、V-Low災害情報連携システム構築事業、新総合支所庁舎建設事業、駒形こども園改修工事、豊川・慶徳線道路整備事業、塩川駅東西自由通路整備事業、坂井・四ツ谷線街路事業、御殿場公園整備工事、第一中学校体育館改築工事などの所要事業費を計上し、一般会計当初予算総額は256億8,100万円となりました。(※参考 対前年度当初予算 13億5,400万円の増、5.6%の増)

 また、平成28年度における一般会計予算の収入と支出の状況は、平成29年3月31日現在で、年度末の予算総額277億5,778万円に対し、238億7,698万円の収入(収入率86.0%)、222億2,712万円の支出(執行率80.1%)となっています。
 なお、平成29年5月31日出納閉鎖により現在計数の取りまとめ作業を行っております。

平成28年度各会計予算の執行状況および市債の状況 [PDFファイル/159KB]

用語の意味 [PDFファイル/202KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)