ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育・文化・スポーツ > 生涯学習 > 5つの努力目標「未来を拓(ひら)く喜多方人」

5つの努力目標「未来を拓(ひら)く喜多方人」

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月4日掲載

家庭や地域社会、学校そして行政など、関係機関においてその実現を目指す5つの努力目標

未来を拓く喜多方人

「未来を拓(ひら)く喜多方人」

一つ 強い心・愛敬(あいけい)の心など、豊かな心を持つ人になろう
 人を思いやる心と敬う心を持つとともに、判断力、意志力、忍耐力、実行力などを養い、心豊かな自己を確立する。
一つ 命の大切さを知り、心身ともに健康な人になろう
 命の尊さを自覚し、21世紀を逞(たくま)しく生きるため、健康な身体と健全な心を培う。
一つ 郷土の自然や文化、歴史、伝統に誇りを持ち、より素晴らしい地域を創造する人になろう
 自我形成の背景ともなる郷土の自然や文化、歴史、伝統等に愛着を持ち、個性を生かし広く社会に貢献できる行動力を培う。
一つ 社会の一員として人の道をわきまえ、良心に背くことのない人になろう
 社会規範や慣習にのっとった振る舞いができるとともに、他者との共生や他人への配慮など、社会人として恥じない人間性を培う。
一つ 夢や目標に向けて何事にも挑戦し、世界に羽ばたく人になろう
 確かな知恵を身につけるとともに、常に創意と工夫をこらしながら実践し、グローバルな時代を逞しく生き抜くことのできる力を培う。
これらのことを受け、
 特に家庭教育における親(保護者)の役割を十分に踏まえ、家族の絆を大事にしながら、健康で明るい家庭を築くよう努めよう

5つの努力目標 「未来を拓く喜多方人」[PDFファイル/188KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


このページの先頭へ