ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉・衛生 > 障害者福祉 > 令和2年度喜多方市障がい者就労施設等からの物品等の調達の推進を図るための方針

令和2年度喜多方市障がい者就労施設等からの物品等の調達の推進を図るための方針

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月1日掲載

令和2年度喜多方市障がい者就労施設等からの物品等の調達の推進を図るための方針を策定しました。
令和2年5月1日施行

1 趣旨

  国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律第9条に基づき、障がい者就労施設等(以下「施設等」という。)からの物品等の調達の推進に関し、必要な事項を定めるものとする。                                      

2 調達の推進を図るための方針の適用範囲

  調達の推進を図るための方針は、市の全ての組織に適用する。

3 調達する物品等

  物品、食料品、織製品、紙製品、役務、その他施設等が受注可能なもの

4 調達目標

  当該年度の予算並びに事務および事業の予定に留意しつつ、施設等からの物品等の調達に努めるものとする。

5 調達の推進方法

   1. 調達に必要な情報の提供
    調達を円滑に進めることができるよう施設等から提供可能な物品等の情報を収集し、情報提供を行うものとする。
    また、新たに調達可能な物品等があれば、適宜その物品を調達するように努めるものとする。

   2.  随意契約による調達
    施設等からの物品等の調達に際しては、地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の2第1項第3号の規定に
   よる随意契約を活用するものとする。

6 調達方針および調達実績の公表

   1. 調達の推進を図るための方針を作成したときは、ホームページへの掲載等により公表するものとする。

   2. 調達の実績については、会計年度終了後に、ホームページへの掲載等により公表するものとする。

7 その他

   1. この調達の推進を図るための方針の担当窓口は、保健福祉部社会福祉課とする。

   2. 物品等の契約等に関しては、喜多方市財務規則、その他関係法令の定めによるものとする。

障がい者就労施設等の提供可能物品   

障がい福祉サービス事業所利用ガイド

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


このページの先頭へ