ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉・衛生 > 障害者福祉 > 精神障害者保健福祉手帳の更新手続きの臨時的な取り扱いについて

精神障害者保健福祉手帳の更新手続きの臨時的な取り扱いについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月28日掲載

 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、精神障害者保健福祉手帳の更新手続きにおける診断書の提出を猶予します。

 

対象者

 令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に有効期限を迎える方で、更新時に医師の診断書を添えて提出する必要がある方

 

診断書の猶予期間

 現在お持ちの手帳の有効期限から1年間

 

更新手続きの方法

 通常どおり更新手続きが必要です。ただし、猶予期間内に診断書を提出していただきます。

 

申請に必要な書類

 (1)申請書

 (2)診断書猶予願

 (3)顔写真(たて4cm×よこ3cm 上半身、無帽で1年以内に撮影したもの)1枚

 

注意点

  ・ 申請書を提出後、猶予期間内に診断書を提出する必要があります。

  ・ 医師の診断書を猶予した場合、障害者等級は前の等級と同じになります。

  ・ 猶予期間内に診断書の提出がない場合、お持ちの手帳は無効となり、返還していただきます。

  ・ 新規申請及び等級変更申請の場合は、診断書等の提出が必要です。

  ・ 障害年金の証書等による申請の場合には、通常と同様の更新手続きが必要です。

 

     精神障害者保健福祉手帳の各種申請は、郵送でも受付しますので、下記までご連絡ください。

 


このページの先頭へ