ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

精神障害者保健福祉手帳

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月9日掲載

精神障害のある方が、各種の援助を受けやすくし社会復帰や社会参加への促進を図ることを目的とした手帳です。精神障害者保健福祉手帳は喜多方市社会福祉課を経由し、福島県知事(県精神保健福祉センター)より交付されます。

対象者

精神疾患により、長期間日常生活または社会生活への制約がある方が対象になります。
対象となる精神疾患は次のとおりですが、医師の診断書等により判定されます。

・ 統合失調症
・ うつ病、そううつ病などの気分障害
・ てんかん
・ 薬物やアルコールによる急性中毒またはその依存症
・ 高次脳機能障がい
・ 発達障がい(自閉症、学習障害、注意欠陥多動性障害)
・ その他の精神疾患(ストレス関連障害(適応障害、解離性障害など))

障害の程度は1級から3級まであり、等級の判定は福島県精神保健福祉センターで行っています。

申請に必要なもの

1 (1)から(3)のいずれか1つ

(1) 医師の診断書(手帳用)
※手帳の交付申請をするためには、精神疾患による初診から6カ月以上経過していることが必要になります。
(2) 年金証書等・同意書
(3) 特別障がい給付金受給資格者証等・同意書

※(2)・(3)は精神疾患に起因して受給していることが条件となります。

2 顔写真

・ 脱帽で顔を中心に上半身を写したもの
・ サイズは「たて4cm・よこ3cm」(規格外の写真の場合は、規格に合わせて切断)
・ 写真専用の用紙であること
・ 申請日から1年以内に撮影したものであること
※顔写真を省略しても可能ですが、身分証としての効力は有しません。

3 印鑑

4 個人番号(マイナンバー)がわかるもの


精神障害者保健福祉手帳申請書類<外部リンク>(福島県精神保健福祉センターホームページへリンク)から必要な書類をダウンロードし申請時にお使いください。 

このような場合は手続きが必要になります

・ 障害の程度が変わった場合
・ 住所が変わった場合(市内)
・ 氏名が変わった場合
・ 手帳を紛失・破損した場合
・ 死亡した場合
・ 他市町村から転入した場合
以上のような場合は、精神障害者保健福祉手帳申請書類<外部リンク>(福島県精神保健福祉センターホームページへリンク)をダウンロードし、記入のうえ手続きを行ってください。