ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

結婚するとき(婚姻届)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月4日掲載

本籍地または住所のある市町村窓口などへお届けください。一時滞在地でも届出は可能です。
婚姻届書には証人の署名・捺印が必要となります。
届書を事前に窓口に取りにきていただき、必要事項を記入後、下記の必要なものをお持ちになり、届出してください。

届出窓口

本庁市民課市民窓口班 または 各総合支所住民課

受付時間

 「窓口のご案内」のページ参照
※上記時間以外では、本庁・各総合支所の宿直室にて受付をしております。
 休日・夜間に出された届についての証明は、翌開庁日以降になります。

届出人

結婚により夫または妻になる方
※届書への記入は両人で行ってください。

届書をお持ちになった方の本人確認について

持参された方の本人確認をさせていただきます。
運転免許証や住基カード等官公署の発行した写真付の身分証明書をご持参ください。
写真付きの証明書をお持ちでない方は、届出があったことを郵便でお知らせします。

必要なもの

  • 婚姻届書(窓口にあります。)
  • 結婚される両人の(婚姻前の氏名の)印鑑※スタンプ印不可
  • 証人として成人2人の署名・捺印が必要です。(未成年の方は、父母の同意も必要です。)
  • 戸籍謄本(本籍地が喜多方市でない場合)

その他

  • 外国人の方と婚姻される場合は、お問い合わせください。
  • 住所の異動が伴う場合は、婚姻届のほかに住民異動届による手続きが必要になります。
  • 結婚により氏が変更になった場合は、印鑑登録の再登録が必要になります。