ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 年金・保険・税金 > 国民年金 > 寡婦年金制度(夫が年金を受けないで死亡した場合)
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 暮らしのできごと > おくやみ > 寡婦年金制度(夫が年金を受けないで死亡した場合)
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 年金・保険・税金 > 募集・案内 > 寡婦年金制度(夫が年金を受けないで死亡した場合)

寡婦年金制度(夫が年金を受けないで死亡した場合)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月23日掲載

夫が亡くなったとき、一定の条件を満たす妻に60歳から65歳の間支給されます。
ただし、妻が老齢基礎年金を受けているときは支給されません。また、死亡一時金とは選択になります。

受給の条件

次の条件全てに該当する場合に受給できます。

  • 死亡した月の前月までに、夫の国民年金の第1号被保険者期間のうち、保険料納付済みの期間と免除期間が合わせて25年以上ある。
  • 婚姻期間が10年以上ある。
  • 夫によって生計を維持されていた。
  • 夫が障害年金または老齢基礎年金を受けたことがない。

年金額

寡婦年金額は、夫の第1号被保険者期間について、計算した老齢基礎年金の額に4分の3を乗じた額になります。

お問い合わせ先

ねんきんダイヤル
Tel:0570-05-1165