ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災・安全 > 防災 > 台風や集中豪雨にご注意ください
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 住まい・交通 > 災害 > 台風や集中豪雨にご注意ください

台風や集中豪雨にご注意ください

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月17日掲載

今般の豪雨により、大きな被害が出ている西日本の豪雨災害をはじめ、近年、日本各地で大雨による河川の氾濫や土砂災害などが多発しており、甚大な被害が発生しています。
特に、7月~10月にかけては、日本に台風が接近・上陸する可能性が高く、台風による豪雨災害が発生する恐れがありますので、
気象庁が発表する警報・注意報や、市からの情報に注意しながら、早めの行動ができるよう心がけましょう。

ハザードマップを確認しましょう

大雨により喜多方市で想定される災害は、「洪水(河川氾濫)」「土砂災害」の2種類です。
市で作成したハザードマップを確認し、お住いの場所がどのような災害が予想されるか、また、どの程度浸水する恐れがあるか等把握しておきましょう。

ハザードマップについては、市ホームページを確認いただくか生活防災課までお問い合わせください。

喜多方市ハザードマップ

避難場所・避難経路を確認しましょう

ハザードマップ等を活用し、ご家族や近所の方と避難場所や避難経路について決めておきましょう。市内の避難場所については、
市ホームページにてご確認ください。

喜多方市の避難所等について

最新の気象情報に注意しましょう

夏から秋にかけては、台風や秋雨前線の出現により、大雨をもたらします。テレビやラジオのほか、気象庁のホームページなどで気象情報を確認しましょう。

◇大雨注意報・警報:大雨による災害が発生する恐れがあります。
◇洪水注意報・警報:河川の増水による洪水はん濫などの災害は発生する恐れがあります。
◇土砂災害警戒情報:土砂災害発生の危険がさらに高まっています。

【特に、以下の言葉が出たら要注意です】
◆記録的短時間大雨情報
◆観測史上1位の大雨、これまでにないような大雨
◆大雨特別警報

早めの避難を心掛けましょう

市が発表する避難勧告等の情報に注意し、早めの避難を心掛けましょう。また、少しでも身の危険を感じたら、安全な場所に自主避難してください。

<避難情報について>
避難情報については、防災行政無線、緊急速報メール、広報車、ホームページなどでお知らせします。

避難情報 

 ≪避難する際の注意事項≫
1.できるだけ一人で行動せず、近所の人と行動しましょう。
2.避難する時は、崩れそうながけの近く、川べりは避けましょう。
3.豪雨などで避難場所への避難が困難なときは、近くの頑丈な建物の2階以上に避難するか
それも難しい場合は、自宅の2階など、少しでも安全な場所に移動しましょう。

災害に関する情報提供先

1.気象庁<外部リンク> 
2.国土交通省「川の防災情報」 <外部リンク>
3.福島県河川流域総合情報システム<外部リンク> 
4.NHK総合  (1)リモコン「dボタン」→(2)「防災・生活情報」→(3)「河川水位・雨量」