ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災・安全 > 防災 > 高郷町揚津地区の地すべり情報

高郷町揚津地区の地すべり情報

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月14日掲載

4月下旬から高郷町揚津地区の赤岩周辺で地すべりが発生しており、これまで情報収集や現場確認、関係機関と連携しながら対応を行ってきました。
5月25日には、「喜多方市高郷町地すべり災害対策本部」および高郷総合支所に現地対策本部を設置して、現在まで県や関係機関と連携して災害の収束と被害拡大防止対策にあたっています。

現在は、伸縮計やGPSなどを設置して24時間体制での観測や地すべり対策工事が進められています。
当該地区の皆さまは防災無線や市からの情報などに注意してください。

地すべりの概要

4月20日に高郷町揚津地区の県道新郷・荻野停車場線において、県が側溝の変異を発見し、日を追うごとに亀裂が広範囲に発生していることから、5月4日に県道を通行止めにしました。

市からは地元行政区長に連絡するとともに、町内に防災無線などで周知を行っています。
発生区域は、農地地すべり防止区域であり、農地にも亀裂が広範囲に発生していることから、県が農地地すべり発生と判断し、簡易定点観測を行っています。

5月17日には住家近くで新たな亀裂が確認され、5月19日から県では常時動きを監視できる伸縮計による24時間体制での観測を開始しました。
5月20日には、地すべり区域の阿賀川の護岸で崩落が確認されました。
地すべりの状況が大きくなっていることから5月29日には1世帯2人に対し、避難勧告を発令するとともに揚津地区住民に対し説明会を行いました。

地すべりの原因として、地下水の影響が考えられることから、県では、亀裂発生箇所をブルーシートで覆い雨水の流入を抑えつつ、流れ込む沢水の迂回と深井戸からの排水作業を行っています。
また、排水ボーリングにより24時間体制で地下水の排水作業を続けており、箇所を増やした結果、現在7カ所で実施しています。
併せて、調査ボーリングを行い、地中の土質構造、地下水位等の確認を行っており、現在9カ所で実施しています。

現在は応急対策の効果が一定程度見られ、地面の動きがない状態が続いていますが、引き続き監視体制を強化しています。

通行止め箇所と迂回路

地すべりの範囲と観測箇所など

地すべり地域と伸縮計などの位置図
7月10日現在の位置図
福島県会津農林事務所は地面の動きを測定する伸縮計(4カ所)とGPS観測装置(3カ所)、さらに阿賀川の崩落箇所を観測するライブカメラを設置して、監視を行っています。また、ボーリングによる深井戸からポンプでの排水を行っています。
※地すべりの状況の変化によって設置場所を変えることがあります。

6月20日付けで国の「災害関連緊急地すべり対策事業」に採択され、県では7月23日から恒久的対策となる深井戸「集水井(しゅうすいせい)」を設置する工事に着手しました。
※集水井=地すべり地域の深層部で最も地下水が集中している付近に縦井戸を設置して、地下水を集水して自然排水させる井戸

被害状況

被害状況一覧
住家赤岩地区1棟の基礎部分に亀裂と建物の歪み
道路道路損傷のため県道新郷荻野停車場線の1.7キロメートルを通行止め
農地田1.7ヘクタール、畑0.4ヘクタールで耕作不能(関係農家戸数16戸)
河川阿賀川への土砂崩落(5月20日確認)
鉄塔送電鉄塔1基が変形、破断
※地すべり区域内2基のうち1基は6月4日に解体撤去済み

地すべりの状況

7月12日撮影の揚津の地すべり区域全景
7月12日にドローンで撮影した揚津地区の地すべり

5月20日撮影県道通行止めの揚津側     6月8日撮影県道通行止め揚津側
通行止めとなった県道新郷・荻野停車場線
写真左5月20日撮影、写真右6月8日撮影、地盤が落ちているのが分かります。

5月20日撮影県道S字カーブ     6月10日撮影S字カーブ
地盤が崩落している県道S字カーブ付近の地盤崩落状況
写真左5月20日撮影、写真右6月10日撮影

5月26日撮影避難勧告が出された住宅付近の崩落     6月10日撮影避難勧告が出された住宅付近の崩落状況
避難勧告が出された住宅付近の地盤崩落状況
写真左5月26日撮影、写真右6月10日撮影、落差は約2メートルに達しています。

6月8日撮影阿賀川の川岸崩落の様子
6月8日撮影、阿賀川の揚津側の岸の崩落状況

沢水の排水作業     地下水排水のためのボーリング
6月10日撮影、県では6月6日以降地すべり区域内への沢水の流入を抑えるため、上部での排水処理と深井戸からの排水作業に入りました。
6月7日以降、排水ボーリングで地下水をくみ上げており、さらに箇所数を増やして対策を行っています。(現在7カ所)
併せて、調査ボーリングによって地すべり区域内の地中の土質構造、地下水位等の確認を行っています。(現在9カ所)
集水井の工事の様子
7月23日撮影、県では集水井の設置工事に入りました。直径3.5メートルの縦穴で、深さ20メートルと40メートルの2基を11月までに完成させる予定です。

災害対応情報

日時内容
災害対応情報の経過
5月24日連絡調整会議
・市の関係部署による現地調査と緊急連絡体制、避難対策などを確認
5月25日
午前9時
喜多方市高郷町地すべり災害対策本部・現地対策本部を設置
5月27日第1回喜多方市高郷町地すべり災害対策本部会議
・農林事務所の説明を受け、今後の対応を協議
5月28日第2回喜多方市高郷町地すべり災害対策本部会議
・避難準備情報の発令を協議
5月28日
午後6時30分
避難準備・高齢者等避難開始を発令
・1世帯2人に対し発令
5月29日第3回喜多方市高郷町地すべり災害対策本部会議
・避難準備高齢者等避難開始発令に伴う対応と避難勧告の協議
5月29日
午後1時30分
避難勧告を発令
・1世帯2人に対し発令
5月29日第1回高郷町揚津地区地すべりに係る地元説明会を開催
・揚津多目的集会施設で全世帯を対象に実施
5月30日第4回喜多方市高郷町地すべり災害対策本部会議
・地元説明会の内容などの報告
5月31日第5回喜多方市高郷町地すべり災害対策本部会議
・5月30日に行った市長の関係機関訪問の内容を報告
6月4日第6回喜多方市高郷町地すべり災害対策本部会議
・経過報告と関係機関からの情報提供、今後の対応について協議
6月8日第7回喜多方市高郷町地すべり災害対策本部会議
・市や関係機関の対応状況などの報告
6月15日喜多方市高郷町揚津地区地すべり対策連絡会議
・高郷公民館にて、県農林水産部農村基盤整備課主催で、県国市の関係部署や関係機関、地域関係者などが対応状況報告と意見交換を行い、情報共有を図る。
6月15日第8回喜多方市高郷町地すべり災害対策本部会議
・市や関係機関の対応状況などの報告
6月19日第2回高郷町揚津地区地すべりに係る地元説明会を開催
・揚津多目的集会施設で全世帯を対象に実施
6月20日第9回喜多方市高郷町地すべり災害対策本部会議
・関係機関の対応状況と第2回住民説明会の内容などの報告
6月29日第10回喜多方市高郷町地すべり災害対策本部会議
・市や関係機関の対応状況などの報告
7月6日第11回喜多方市高郷町地すべり災害対策本部会議
・市や関係機関の対応状況などの報告
8月2日第12回喜多方市高郷町地すべり災害対策本部会議
・市や関係機関の対応状況などの報告

 

緊急要望と主な現地視察

5月28日 農林水産省東北農政局、福島県農林水産部
5月29日 農林水産省、財務省、福島県会津農林事務所
      農林水産省での要望 農林水産省への要望
5月30日 福島県会津地方振興局・会津農林事務所・喜多方建設事務所、東北電力会津若松支社、国土交通省阿賀川河川事務所、喜多方警察署、喜多方地方広域市町村圏組合消防本部
5月31日 福島県副知事、福島県総務部・土木部・危機管理部
6月2日 畠副知事による現地視察
      畠副知事の現地視察
6月5日 内堀知事による現地視察
      内堀知事の現地視察
6月7日 農林水産省、財務省、国土交通省
      農林水産省での要望 農林水産省への要望   財務省への要望 財務省への要望
6月22日 内堀知事による現地視察(2回目)
      内堀知事の2回目の現地視察

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)