ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 農林業振興 > 農業 > 環境にやさしい農業を推進しています

環境にやさしい農業を推進しています

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日掲載

環境にやさしい農業の推進

 近年の農業は、大規模化に伴う機械の大型化、化学農薬や化学肥料の多用によって、収量の増加や安定的な収穫が得られる等の一定の発展が見られました。
 しかしながら、作物の生育に必要な土壌はやせ、地下水へ化学物質が浸透するなど、地球環境への負荷を高めている現状にあります。
 そのため、平成16年8月に旧喜多方市において、自然環境と調和した農業生産活動等を推進するため、喜多方市環境にやさしい農業推進協議会を設立し、生産者団体、消費者、行政等が環境にやさしい農業の実践活動を行ってきました。
 また、本市熱塩加納地区においては、昭和50年代から有機無・低農薬栽培による米づくりを中心とした安全な農産物の生産を開始し、これまで消費者ニーズにあった高品質・高付加価値米等の生産につとめてきました。
 平成18年の市町村合併に伴い、平成18年11月に新たに「喜多方市環境にやさしい農業推進協議会」を設立し、全市を対象とした「喜多方市環境にやさしい農業推進方針」を策定したところです。
 今後も、生産者、消費者、農業団体、行政が一体となって環境負荷の少ない農業への転換など環境保全型農業を推進していきます。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)