ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 農林業振興 > 担い手・新規就農 > ”来て見て触れて”きたかた農業研修・生活体験事業「はじめての喜多方体験コース」について
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 農林業振興 > 農業 > ”来て見て触れて”きたかた農業研修・生活体験事業「はじめての喜多方体験コース」について

”来て見て触れて”きたかた農業研修・生活体験事業「はじめての喜多方体験コース」について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月14日掲載

「はじめての喜多方農業体験コース」について

 「はじめての喜多方農業体験コース」はこんな方にオススメです!

 「将来農業に従事したいけど、実際の作業を体験してみたいなぁ」
 「農村への移住を考えているけれど、どんなところか実際に行って決めたいなぁ」

 などお考えの方を対象に、喜多方市特産のグリーンアスパラガス、キュウリ、ミニトマトなどの夏野菜の管理・収穫作業を中心にコシヒカリに代表される水稲について、農家民宿に宿泊しながら2泊3日の行程で体験する事業です。

H30実施写真

※写真は前回の様子。真夏のビニールハウスの中でキュウリの収穫に挑戦しています。

令和元年度「はじめての喜多方体験コース」について

1 参加対象者

喜多方市外在住の方で、就農や農村への移住に興味のある方

2 実施年月日

令和元年7月13日(土曜日)~15日(月曜日)

3 費用負担と宿泊先

(1)参加者の喜多方駅までの往復交通費については、市から参加者に15,000円を上限としてお支払いいたします。

(2)研修期間中の宿泊は、NPO法人喜多方市グリーン・ツーリズムサポートセンター<外部リンク>に農家民宿として登録している農家へ宿泊します。

(3)研修期間中の農泊先での宿泊代(食事代込み)は市が負担しますが、2日目の昼食については原則自己負担とします。

(4)その他飲食や傷害保険等研修に際し必要な経費は参加者負担とします。

(5)交通費および宿泊費については、参加人数や予算額を考慮して減額する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

4 募集期間

令和元年6月1日(土曜日)から30日(日曜日)必着
定員は先着5名程度とします。

5 参加申し込み手続き

「はじめての喜多方体験コース」参加申し込みフォームよりお申込みいただくか、「はじめての喜多方体験コース参加申込書」 [Excelファイル/19KB]により令和元年6月30日(日曜日)までにメールまたは郵送等によりお申し込みください。

6 その他

(1)準備品や参加にあたっての留意事項については、後日参加者宛通知いたします。

(2)小学生以下のお子様連れでのお申し込みは、研修の関係上ご遠慮ください。

前回の様子

平成30年度のコースは、平成30年8月24日(金曜日)~26日(日曜日)の3日間の日程で行いました。
参加者は男性2名、女性1名の計3名で夏秋キュウリと葉物野菜の農家さんにお世話になりました。

【1日目】

お昼に最寄り駅に現地集合し、駅前の食堂でランチをしながらオリエンテーションを行いました。
その後は、研修先の農家さんのもとで葉物野菜の植え付け作業を行いました。

1nitime

※ 道具を使って空けた穴に野菜を植え付けています。

【2日目】

2日目は早朝からキュウリの収穫・管理作業を行いました。
みんな慣れない手つきでキュウリの収穫や管理作業を行いました。真夏のビニールハウスの中は暑かった。

2nitime

※ どれを収穫しようか迷ってしまいますね。

【3日目】

3日目は、これまでお世話になった農家さんとお別れです。
早朝はキュウリの収穫作業を行い、お昼には最寄駅で現地解散しました。
お疲れさまでした。

Word Viewer

Excelファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Excel など、Excel 形式のファイルを開くことができるソフトウェアが必要です。


このページの先頭へ