ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 農林業振興 > 農業 > 平成28年度中山間地域等直接支払制度の実施状況を公表します
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 融資・補助制度 > 平成28年度中山間地域等直接支払制度の実施状況を公表します

平成28年度中山間地域等直接支払制度の実施状況を公表します

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日掲載

平成28年度中山間地域等直接支払制度の実施状況

平成28年度中山間地域等直接支払交付金の実施状況を以下のとおり公表します。
※ 中山間地域等直接支払交付金とは、農業生産条件が不利な状況にある中山間地域等における農業生産の維持を図りながら、多面的機能を確保するために5年以上農業を続けることを約束した農業者に交付されるものです。

(1) 集落協定の概要

 平成28年度の協定締結集落数は、71集落協定です。その内訳は、喜多方地区22集落協定、熱塩加納地区7集落協定、塩川地区4集落協定、山都地区13集落協定、高郷地区25集落協定となります。

(2) 協定農用地の基準別の面積および交付額

 田:急傾斜(5パーセント以上)  842万5,900平方メートル、1億7,438万4,340円
 田:緩傾斜(1パーセント以上5パーセント未満)  452万8,207平方メートル、3,385万864円
 合計 1,295万4,107平方メートル、2億823万5,204円

(3) 集落協定締結数および各集落への交付額

 別添のPDFファイルを参照してください。

(4) 農業生産活動等の実施状況

 各集落協定の集落協定書で定めた事項に基づき、水路・農道等の管理、農地と一体となった周辺林地の下草刈など多面的機能を増進する活動が適切に実施されました。

(5) 農業生産活動等の体制整備の実施状況

 体制整備単価を選択した集落協定にあっては、農用地保全等マップを作成する等して将来にわたって適正に協定農用地を保全していく取組を実施するとともに、協定農用地において農業生産活動等の継続が困難な農用地が発生した場合の支援体制を構築するなど、地域の実情に応じた農業生産活動等の継続に向けた活動を実施し、農業生産活動等の体制整備に取り組んでいます。


平成28年度中山間地域等直接支払制度実施状況 [PDFファイル/56KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)