ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 住まい・交通 > 空き家 > 喜多方市田舎暮らし支援事業補助金交付要綱
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 暮らしのできごと > 引越・住まい > 喜多方市田舎暮らし支援事業補助金交付要綱

喜多方市田舎暮らし支援事業補助金交付要綱

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月29日掲載

趣旨

 市外(県外)から当市へ移住をした方が、空き家を取得または賃借した場合に、その経済的負担を軽減し、また、空き家の利活用を促進するためにも、空き家の取得等に対して費用の一部を補助します。

事業内容

(1) 空き家の取得支援事業

市外(県外)から当市へ転入し、空き家を取得した際にかかる費用の一部を補助します。
ア 住宅取得日より1年以内
イ 取得にかかる費用の2分の1まで
ウ 50万円を上限(県外から転入の場合は、加算要件有り)

(2) 空き家の取得前居住家賃支援事業

市外から当市へ転入し、空き家を取得する前段階として空き家を賃借して居住する場合に、賃借にかかる費用を補助します。
ア 賃貸借契約の締結日から6か月以内
イ 月に15,000円を上限
ウ 最大12か月まで

(3) 生活準備支援事業

上記(1)または(2)の支援事業を受けている方に対して、引っ越し等、取得または賃借した空き家を住宅として生活するためにかかる準備経費を補助します。
ア 住宅の取得日または賃貸借契約の締結日から6か月以内 
イ 10万円を上限

補助対象者

  1. 喜多方市に住民登録をして1年未満の者。
  2. 当市への住民登録の前に継続して3年以上市外に住民登録を行っていた者。
  3. 購入または賃借した空き家に継続して1年以上居住する意思がある者。
  4. 居住地の自治会に加入する等、地域住民と積極的に交流が図れる者。
  5. 補助金交付申請時において、市税を滞納していない者。
  6. 暴力団または暴力団員と関わりを持つ者でないこと。

補助金の申請方法

(1) 空き家の取得支援事業

 喜多方市田舎暮らし支援事業補助金交付申請書(様式第1-1号)に以下を添付
ア 建物の写真
イ 売買契約書の写し
ウ 世帯全員の住民票の写し
エ 戸籍の附票の写し
オ 世帯全員の市町村税の納税証明書
カ 登記事項証明書
キ 建物の平面図(要綱第6条第1項アただし書きにより補助金の加算をする場合のみ)
ク その他市長が必要と認める書類

(2) 空き家の取得前居住家賃支援事業

 喜多方市田舎暮らし支援事業補助金交付申請書(様式第1-2号)に以下を添付
ア 建物の写真
イ 賃貸借契約書の写し
ウ 世帯全員の住民票の写し
エ 戸籍の附票の写し
オ 世帯全員の市町村税の納税証明書
カ その他市長が必要と認める書類
 

(3) 生活準備支援事業

 喜多方市田舎暮らし支援事業補助金交付申請書(様式第1-3号)
ア 引っ越し等の生活準備にかかる費用の領収証
イ その他市長が必要と認める書類


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Word Viewer

Wordファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Word など、Word 形式のファイルを開くことができるソフトウェアが必要です。