ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 暮らしのできごと > 高齢・介護 > 平成29年1月より介護予防・日常生活支援総合事業が始まりました
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 年金・保険・税金 > 介護保険 > 平成29年1月より介護予防・日常生活支援総合事業が始まりました
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉・衛生 > 高齢者 > 平成29年1月より介護予防・日常生活支援総合事業が始まりました

平成29年1月より介護予防・日常生活支援総合事業が始まりました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月1日掲載

介護予防・日常生活支援総合事業について

 介護保険制度の改正により、喜多方市は平成29年1月1日から「介護予防・日常生活支援総合事業」を開始しました。

 

介護予防・日常生活支援総合事業とは?

 高齢者が住み慣れた地域で生活を続けられるよう、自ら要介護状態になることを予防するため、介護保険制度に「介護予防・日常生活支援総合事業」(以下、「総合事業」)が創設されました。総合事業は、市が行う事業で、65歳以上の方の心身状態や必要性に合わせて、「介護予防・生活支援サービス事業」や「一般介護予防事業」を利用することができる事業です。

介護予防・日常生活支援事業参考資料 [PDFファイル/169KB]

広報きたかた 1月号 [PDFファイル/920KB]

 

要支援1、要支援2の介護予防訪問介護(ホームヘルプサービス)と介護予防通所介護(デイサービス)

 本市においては、平成29年1月から総合事業が開始されたことに伴い、「要支援1」「要支援2」の方が利用する「ホームヘルプサービス」と「デイサービス」は、これまでの「介護保険」のサービスから、「総合事業」のサービスに変わりました。

 (1)「介護予防訪問介護」 → 「訪問型サービス」

 (2)「介護予防通所介護」 → 「通所型サービス」

 

≪介護保険事業者のみなさまへ≫

請求方法について

 事業費の支払いは、予防給付と同様、国保連合会を通じて行います。

 要支援1、要支援2の方を平成29年1月に一斉に移行しますので、国保連合会へ請求する際のサービスコードに注意してください。

 

サービスコードについて

 平成26年度までに指定介護予防訪問介護事業者および指定介護予防通所介護事業者となった事業者(みなし指定)と平成27年度以降に新しく指定を受けた事業者とでは、サービスコードが異なります。

 (1)平成27年3月31日までに指定介護予防訪問介護事業者の指定を受けた事業者    「A1」

 (2)平成27年4月1日以降に新しく指定介護予防訪問介護事業者の指定を受けた事業者  「A2」

 (3)平成27年3月31日までに指定介護予防通所介護事業者の指定を受けた事業者    「A5」

 (4)平成27年4月1日以降に新しく指定介護予防通所介護事業者の指定を受けた事業者  「A6」

   ※「A1」「A5」のコードは、平成30年3月末日まで使用。平成30年4月からは「A2」「A6」のみとなります。

サービスコード表CSV [その他のファイル/10KB]

事業者の指定について

 平成29年1月1日移行に新しく事業所を開設し、総合事業を実施する場合は、市から指定を受ける必要があります。

 新規指定、指定更新、指定内容の変更、事業所の廃止、休止、再開の届出も市へ行ってください。

  ※みなし指定の事業所は、平成30年4月までに市の指定を受けてください。

 

喜多方市介護予防・日常生活支援総合事業実施要綱

 喜多方市介護予防・日常生活支援総合事業実施要綱 [PDFファイル/245KB]

 様式第1号~様式第7号 [Excelファイル/40KB]

申請書様式について

 様式第8号  事業者指定申請書 [Excelファイル/304KB]

 様式第9号  事業者変更届出書 [Excelファイル/35KB]

 様式第10号 事業者廃止(休止)届出書 [Excelファイル/34KB]

 様式第11号 事業者再開届出書 [Excelファイル/32KB]

 様式第12号 事業者更新届出書 [Excelファイル/53KB]

 付表      訪問1・通所2-1、2-2、2-3 [Excelファイル/272KB]   

 

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Word Viewer

Excelファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Excel など、Excel 形式のファイルを開くことができるソフトウェアが必要です。