ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

緊急通報システム事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月4日掲載

事業概要

ひとり暮らし老人および重度身体障がい者に対し、携帯用無線送、受信機および専用通話器(緊急通報システム)を貸与することにより、急病や事故等の緊急時に迅速かつ適切な対応を図ります。

利用対象者

現に電話回線を有していて、おおむね65歳以上でひとり暮らしの高齢者の方や、ひとり暮らしの重度身体障がい者の方。または、特に必要と認められた方。

利用者負担

電話回線の使用料や通話料等は本人負担となります。

その他

市からお貸しする緊急通報システム機器は次のとおりです。

  1. 緊急通報用電話機
  2. ワイヤレスリモートスイッチ
  3. ペンダント式送受信機
  4. リモートスイッチ 
  5. 自動応答装置 
  6. 人感センサー(見守りセンサー)

※機器のメンテナンス等も行っておりますが、紛失や故障が故意に行われた場合、利用者の責任において保障していただくことがあります。
※入院等により3か月以上自宅を離れることが明らかな場合は取外し、他の利用者様へ活用させていただきますのでご了承ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)