ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

認知症の取り組みについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月6日掲載

認知症とは

認知症はいろいろな原因で脳細胞が壊れてしまったり、脳の働きが低下し、さまざまな障害が起こり、生活する上で支障がおおよそ6ヵ月以上継続している状況を指します。

認知症は誰にでも起こりうる脳の病気によるもので、85歳以上になると4人のうち1人に認知症の症状があるといわれており、誰もがかかる可能性があります。

認知症相談窓口

日々の関わりの中で、話したいこと、悩んでいることについて、ぜひご相談ください。

認知症相談窓口 [PDFファイル/38KB]

このページの一番上へ

認知症地域支援推進員

認知症の人ができる限り住み慣れた良い環境で暮らし続けることができるよう、地域の実情に応じて医療機関、介護サービス事業所や地域の支援機関をつなぐ連携支援や認知症の人やその家族を支援する相談事業等を行っています。

 まずは・・
認知症のことで困ったことや悩んでいる方はひとりで悩まずに相談してください。認知症の人やその家族と交流できるグループホームまたは介護施設でのお茶会、認知症家族介護者交流会などに参加し、同じ悩みを持った人達と交流することで気持ちを軽くしましょう。

このページの一番上へ

認知症サポーター養成講座

あなたも「認知症サポーター」になりませんか。
「認知症サポーター」とは、認知症について正しく理解し、認知症の人やその家族を温かく見守り・支援する応援者のことです。 誰でも認知症サポーター養成講座を受けることができます。
受講後には、認知症サポーターの証「オレンジリング」が授与されます。

このページの一番上へ

認知症キャラバンメイト

認知症キャラバンメイトとは、自治体事務局と協働して地域や職域、小中学校などで認知症についての講座の開催や、認知症についての講義をする人です。認知症という病気のことを理解してもらい、「認知症を正しく理解した、認知症の人の応援者」(認知症サポーター)を育成する役割が期待されています。

 ・認知症キャラバン・メイト [PDFファイル/166KB]

このページの一番上へ

認知症カフェ

認知症の人や家族が集まり、介護の相談や情報交換、交流などを行っています。認知症の人とその家族が気軽に利用できるカフェとしておしゃべりしながらゆっくりと過ごしませんか?みなさまのご参加をお待ちしております。<参加費:100円>

準備の都合上、開催日の前日までに、各施設または市高齢福祉課までご連絡ください。

このページの一番上へ

認知症家族介護者交流会

認知症の人とその家族、介護者が集まり、日頃の悩んでいることや困っていることを話し合い、交流しています。

平成30年度認知症家族介護者交流会年間案内 [PDFファイル/255KB]

このページの一番上へ

もの忘れ検診

認知症の早期治療の促進と重症化の予防のために、「もの忘れ検診」を実施しています。認知症の早期発見・早期対応は症状を改善したり、症状の進行を遅らせたりすることにつながります。

詳細についてはこちらをご覧ください

このページの一番上へ

きたかた認知症ガイド(喜多方市認知症ケアパス)

認知症になっても安心して暮らせるまちをめざして、市民のみなさまに認知症について知っていただき、認知症の人やその家族が住み慣れた地域で安心して生活できることを願って作成しました。認知症ケアパスとは、認知症の人の生活に合わせて利用できるサービスを分かりやすく示したものです。

詳細についてはこちらをご覧ください

もの忘れチェック表

ご本人でもチェックができますので、ぜひ試してください。

もの忘れチェック表 [PDFファイル/762KB]

家族からみた認知症早期発見の目安

いくつか思い当たることがあれば、お近くの医療機関や相談窓口へ相談しましょう。

家族からみた認知症早期発見の目安 [PDFファイル/795KB]

このページの一番上へ

QRコード(身元確認シール)

在宅高齢者で認知症等の症状が見受けられる方の徘徊や迷子に対し、身元確認を容易に行えるようQRコード付シール(以下「身元確認シール」という。)を活用した支援体制を構築し、使用者の親族や支援者等に連絡する体制を整え、認知症になっても住み慣れた環境で安心して暮らし続けることができる地域づくりを推進しています。

詳細についてはこちらをご覧ください

このページの一番上へ

認知症初期集中支援チーム

喜多方市在住の認知症またはその疑いのある方の家庭を訪問し、適切な医療や介護サービスにつなぐ支援を集中的に行います。

詳細についてはこちらをご覧ください [PDFファイル/217KB]

このページの一番上へ

認知症対応薬局

かかりつけの薬局では、患者さんやそのご家族などと接する機会が多くあります。患者さんやその家族とのさりげない会話を通し、認知症の初期症状への早期発見などに対応いただく薬局のことを、県では「認知症対応薬局」と認定しています。

喜多方市内の認知症対応薬局 [PDFファイル/124KB]

このページの一番上へ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)