ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 暮らしのできごと > 高齢・介護 > 高齢者向け生活支援サービスについて
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉・衛生 > 高齢者 > 高齢者向け生活支援サービスについて
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災・安全 > 安全 > 高齢者向け生活支援サービスについて

高齢者向け生活支援サービスについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月1日掲載

喜多方市で行っている生活支援サービス

喜多方市高齢者福祉サービス<平成29年4月> [PDFファイル/1.88MB]

配食サービス事業

ひとり暮らし高齢者等に対し、栄養バランスのとれた食事(弁当)を提供するとともに、配達時に安否確認を行い、高齢者の健康の保持および要介護状態になることを予防することにより、高齢者の自立を促進し、住み慣れた地域社会の中で引き続き生活が送れるよう支援します。

緊急通報システム事業

ひとり暮らし老人および重度身体障がい者に対し、携帯用無線送、受信機および専用通話器(緊急通報システム)を貸与することにより、急病や事故等の緊急時に迅速かつ適切な対応を図ります。

高齢者介護用品給付事業

在宅の要援護高齢者等およびその属する世帯の生活中心者等に対し、介護用品の購入費用に対する助成を行うことにより、高齢者福祉の増進を図ります。

高齢者福祉タクシー利用助成事業

介護保険の在宅サービス利用者が、市内のタクシー会社を利用し、定期的に通院等をする際のタクシー料金の一部を助成し、在宅サービス利用者の経済的負担軽減を図ります。

訪問理美容サービス事業

老衰、心身の障がいおよび傷病等の理由により、理容室、美容室に出向くことが困難な高齢者に対して、在宅訪問による理美容サービスを受ける場合に要する経費を助成することにより、健康の保持および経済的負担の軽減を図ります。

寝具洗濯乾燥消毒サービス事業

在宅の要援護高齢者に対し、使用する寝具の洗濯、乾燥および消毒をすることにより、清潔感を保持し、快適な生活ができるよう支援し、利用者および介護者の負担軽減を図ります。

高齢者にやさしい住まいづくり助成事業

60歳以上の高齢者が現に居住し、または居住しようとする住宅の改修について必要な助成を行い、高齢者が自宅において転倒等により要介護・要支援状態に陥ることを予防し、併せて自立した在宅生活の継続を図ります。

高齢者日常生活用具給付等事業

市内に住所を有し居住している高齢者の方へ日常生活用具を給付することにより、日常生活の便宜を図ります。

高齢者世帯等除雪支援事業

高齢者世帯等で、自力による除雪が困難な世帯に対し、除雪作業を支援します。

ひとり暮らし高齢者等安全協力員事業

ひとり暮らし高齢者等に対し安全協力員が定期的に一声かけ、安否を確認することにより、要援護高齢者が日常生活を送る上で安全と安心を確保します。安全協力員は、民生児童委員が自らの調査に基づいた情報により名簿で推薦し、その推薦を受けて市長が適当と認める方を委嘱します。

緊急時要援護者登録制度

災害時のほか身近に起きる病気、けがなどの救急時の事態に備え、対象者ご本人からの申出により個人情報を市に登録します。登録された個人情報は、消防本部などの関係機関と共有することにより、緊急時に関係機関並びに地域からの支援を迅速に受けられるようにするための制度です。

高齢者身元確認QRコード事業

在宅高齢者で認症等の症状が見受けられる方の徘徊や迷子に対し、身元確認を容易に行えるようQRコード付シール(以下「身元確認シール」という。)を活用した支援体制を構築し、使用者の親族や支援者等に連絡する体制を整え、認知症になっても住み慣れた環境で安心して暮らし続けることができる地域づくりを推進する事業です。

このページの一番上へ

一般介護予防事業

太極拳ゆったり体操教室

いつまでも元気に暮らせるよう、自分で予防できる方法を学ぶ教室です。認知症予防の講話と運動、食事、お口のお手入れ等についてはテーマ別に学べます。希望により会場まで送迎いたします。

足腰元気体操

関節痛を予防・改善し、いきいきと生活できるよう健康運動指導士・保健師等の指導により自分でできる運動の方法を学びます。講話とセルフマッサージ、ストレッチ等運動実技をおこないます。

脳ハツラツ教室

太極拳ゆったり体操は、椅子に座ったままでも立ってでもでき、バランス機能の向上、下肢筋力を中心とした全身の筋力アップに効果があります。体操を生活の一部にして健康に過ごしましょう!

一般介護予防事業詳細一覧 [PDFファイル/72KB]

このページの一番上へ

喜多方市高齢者向け生活支援ガイド

喜多方市高齢者向け生活支援ガイドは高齢者が住みなれた地域で安心して生活できるよう、高齢者に関するサービスを紹介しています。

詳細につきましてはこちらをご確認ください

このページの一番上へ

生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)とは

生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)とは、高齢者が有している社会参加・介護予防・生活支援のニーズと関係主体が行っている活動・サービスを結びつけ、地域全体で高齢者の社会参加や住民主体の活動・サービスの強化・開発が進むように関係主体の協働を支援します。地域に点在するニーズ、活動、サービス、関係主体を受けとめ、結びつけて、新たな組み合わせを生み出すことで資源を充実させる役割を担っています。

 まずは・・
普段から何気なく行われている助け合い活動や地域のつながりを教えていただくため、つどいの場に伺っています。地域のことは地域の皆さんが一番知っています。お住まいの地域の素敵なことを色々教えてください。助け合いの輪を広げていき、あったらいいねを一緒に考えていきましょう。

このページの一番上へ

生活支援コーディネーター活動日記

喜多方市にあるつどいの場をご紹介します。みなさんそれぞれ楽しそうに活動している様子をご覧頂き、今後のつどいの場の参考にしてみてください。また、つどいの場がありましたらご連絡ください。

・活動日記(いっぷく) [PDFファイル/129KB]

・活動日記(夢の森 花の散歩みち) [PDFファイル/158KB]

・活動日記(ひめさゆりくらぶ) [PDFファイル/108KB]

・活動日記(わかばカフェ) [PDFファイル/213KB]

・活動日記(松が丘女性会) [PDFファイル/132KB]

・活動日記(ばんちゃの会) [PDFファイル/165KB]

このページの一番上へ

喜多方市社会福祉協議会による支援

地域住民グループ支援事業(ふれあいいきいきサロン)

高齢者が閉じこもることなく、地域とのふれあいの中で、生きがいを持って生活を送ることができるための「居場所」です。サロンの立ち上げ、運営に関する相談や活動費(食料費、原材料費を除く)の助成をしています。

詳しくはホームページをご確認ください。 URL http://www.kitakata-shakyo.or.jp/business/salon/<外部リンク>

福祉活動支援交付金事業

住民自らが地域の繋がりを深め、住み慣れた地域で安心して暮らせる地域づくりを行う活動に対し、行政区を単位として交付金を交付する事業です。ミニサロン等の開催の相談や活動費の助成しています。

詳しくはホームページをご確認ください。 URL http://www.kitakata-shakyo.or.jp/business/mini_salon/<外部リンク>

高齢者生産活動センター

高齢者の方々が生産活動を通じて、仲間と語らい、健康で明るく心豊かな毎日を過ごせるように、様々なグループに分かれて活動しています。

  • 園芸薬草グループ
  • 陶芸グループ
  • 押し花絵グループ
  • 手芸グループ
  • わら工芸グループ
  • 菌茸グループ
  • 織物グループ

詳しくはホームページをご確認ください。 URL http://www.kitakata-shakyo.or.jp/business/life_support/<外部リンク>

シルバー人材センターによる支援

高齢者向けワンコイン(500円)生活支援事業

 喜多方市シルバー人材センターでは、高齢者の方々を対象に、高齢者ならではの「ちょっとした困りごと」のお手伝いを、30分程度を目安とした有償ボランティアとして「高齢者向けワンコイン(500円)生活支援事業」を実施いたします。

シルバーセンターワンコインサービスちらし [PDFファイル/532KB]

このページの一番上へ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)